シミ抜きするなら「水」「お湯」「炭酸水」のどれが一番きれいに落とせるか

シミ抜きするなら「水」「お湯」「炭酸水」のどれが一番きれいに落とせるか

食事中にソースが飛び散ってしまったり、料理を食べこぼしてしまったりなど、誰もが一度は経験したことがあるでしょう。シミのせいでお気に入りの洋服が着られなくなってしまうことがないように、シミを効果的に落とすには「水」「お湯」「炭酸水」のどれが一番適しているのかを検証します。

 

水で落とすなら洗剤類はマスト

検証のために用意したのは、綿100パーセントのタオルと市販のミートソースです。タオルにミートソースで500円玉くらいのシミをつけて30分ほど放置しました。始めに一番手軽な水から検証してみることにしました。まずは、シミを広げないように気をつけながらティッシュペーパーで汚れの油分を除去。その後、シミ部分の裏に乾いた布をセットし、水をつけた歯ブラシでトントンと布に汚れを移すように叩き落としてみました。そうすると、シミは多少薄くなりましたが、遠目からでもシミがあることがはっきりと分かるレベル止まりで、残念ながら水だけではシミをきれいに落とすことはできませんでした。そこで、少量の洗濯石けんを歯ブラシに擦りつけてから同じように叩き落としてみることにしました。その結果、シミは遠目では分からず、近くで見るとぼんやりと輪郭を残すぐらいまで落とすことができました。

 

お湯は汚れを溶かしてシミを薄くする

タオルとミートソースで水の検証と同じ状態を作り、引き続き、お湯でのシミ抜きを試してみました。この検証を始める前から「水の温度が上がれば汚れを溶かしてくれるので、水よりもお湯の方が汚れは落ちやすいのではないか」と推測していたこともあり、お湯にはかなり期待していました。お湯は電気ケトルで沸騰させたものをマグカップに移しておき、水と同様に汚れの油分を除去して布をセットしたら、マグカップの湯を歯ブラシにつけてトントンと叩き落としてみました。結果、お湯だけでシミはうっすらと分かる程度まで落とすことができました。推測していた通り、水よりも汚れを落とすことが実証できました。お湯でシミ抜きする際に気をつけるのは、お湯の温度です。素材によって汚れを落としやすいお湯の温度が異なるほか、高温のお湯を使うことで痛んだり、色落ちしてしまったりする素材もあるので注意しましょう。

 

炭酸水の気泡が汚れを浮かせて除去

 

最後は、美容や料理、掃除など、さまざまな分野でその働きを発揮している炭酸水で検証をしました。炭酸水に含まれる二酸化炭素は汚れを浮かせる性質があると言われており、掃除・洗濯好きの方の中にはすでに炭酸水を重宝しているという声が多数聞かれます。前評判を知れば知る程、お湯以上に期待できると予想していました。シミ抜きに使用する炭酸水は、味や香りがつけられていないノーマルタイプのものを選びました。先に検証した2つ同様にシミ抜きをしてみると、確かに炭酸水の気泡がシュワシュワと汚れを浮かせているように見えました。結果、お湯よりも短時間でシミをほぼ見えないくらいまで取り除くことに成功。炭酸水と洗濯石けんで再度叩き洗いしたら、肉眼では確認できない程までにきれいにシミを消すことができました。

 

シミ抜きするなら炭酸水かお湯がおすすめ

「水」「お湯」「炭酸水」のどれが一番きれいにシミを除去できるかを検証してみた結果、一番よく落ちるのは炭酸水、続いてお湯、水という順になりました。食事中についてしまったシミを残さないためには、素早い対処がカギになります。今回はシミを叩き落とすために歯ブラシを使いましたが、外出先の場合ならハンカチやティッシュペーパーでも良いでしょう。また、シミを消したいと思い余って激しく擦ってしまうと反ってシミを広げてしまうので気をつけましょう。今回の検証をもとに、シミがついてしまったらぜひ炭酸水かお湯でシミ抜きしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…
ページ上部へ戻る