軟水と硬水の違いを知って、コーヒーをもっと美味しく飲もう!

141414

市販されているミネラルウォーターのラベルをふと見てみると、「硬度○度」という表記があることに気付きます。これは水の中に含まれるミネラル(マグネシウムとカルシウムの総量)の多さを表しており、度数によって軟水/硬水に分かれます。水は種類によって味や風味が異なり、その水を使った料理や飲料の味にも違いが出てきますので、それぞれの特徴を抑えておきましょう。

素材の味を楽しむなら、軟水がオススメ?

朝食のお供に、仕事中シャキっとしたい時に、リラックスしたい時に・・・と、コーヒーを愛飲している人は多いのではないでしょうか。美味しいコーヒーを飲むために豆の種類や焙煎方法、そして淹れ方ばかりに注意を払いがちですが、カップの中のほとんどは“水”です。当然、水が変われば仕上がるコーヒーの味に違いが出てきます。
日本の水は地質の関係上、そのほとんどが軟水です。そのため日常的に飲んでいるコーヒーはほぼ軟水で淹れられているものなので、あまり水の違いを意識することはないかもしれません。一般に軟水はまろやかで口当たりが良く、軟水で淹れたコーヒーにも同様の特徴が出ると言われています。これはコーヒー成分の中の苦味が軟水には溶解しにくいためで、苦味よりもコーヒー豆の持つ酸味や香りを感じることができます。水自体が無個性でコーヒーそのものの特徴が出やすくなるため、豆にこだわってコーヒーを選ぶ人には軟水の方が好まれるかもしれません。市販されている国産ミネラルウォーターのほとんどは軟水ですし、蛇口をひねって出る水も軟水ですので、“軟水コーヒー”はいつでも気軽に楽しむことができます。

“シブイ”コーヒーを淹れたいなら!

一方、硬水で淹れたコーヒーにも「ならでは」の味わいが出ます。硬水は軟水に比べると口当たりが重く、水自体に強烈な個性があるので煮物や出汁といった水を使う料理の多い和食とはあまり相性が良くありません。しかし硬水の中に多く含まれるマグネシウムはコーヒーの苦味成分と馴染みやすく、コーヒーの渋みや苦みを引き立ててくれます。硬度が高ければ高いほど苦みが強調されますので、「今日は苦めが飲みたいな」という時には硬水で淹れてみてはいかがでしょうか。その反面コーヒー豆が本来持っている酸味があまり出ないので、酸味が好きな人は少し物足りないと感じてしまうかもしれません。
日本はほとんどが軟水のため、硬水でコーヒーを淹れるためにはどこかで入手しなくてはなりません。スーパーやコンビニで手軽に買える硬水としてはエビアン(硬水)やコントレックス(超硬水)といったヨーロッパ産のミネラルウォーターがあります(両方ともフランス産)。ちなみに同じフランス産でもボルヴィックは軟水です。国によって、また地域によっても硬度には差が出てくるのでラベルはよくチェックした方が良いでしょう。

「水」を知って日常を豊かに!

以上見てきたように、軟水で淹れたコーヒーと硬水で淹れたものとではそれぞれ特徴があります。酸味や香りを楽しみたいなら軟水を、コーヒーの苦味を感じたいなら硬水を・・・とその日の気分によって水を変えてみても良いかもしれませんね。また同じコーヒー豆でも焙煎の程度によって苦味と酸味に違いが出てきます。苦味が弱く酸味の強い焙煎の浅い豆には硬水を使って渋みを強調する、など水とコーヒーの特徴を活かして使い分けることも可能です。そして硬水と軟水に加え、その間にはカルシウムが適度に含まれた「中間硬水」もあります。カルシウム成分は苦味を抑えてくれる働きがあるためコーヒーを角のないマイルドな味わいにしてくれます。
またコーヒーだけでなく、緑茶や紅茶も水で淹れるものですから水が変われば当然それぞれ味に違いが出てきます。どれが良い、悪い、というのは人の好みがありますから一概に言えるものではありません。しかし水をちょっと変えるだけで普段飲んでいる飲み物に変化をつけられるのですから、それぞれの特徴を知り、自分の求める味に応じて使い分けできると良いですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…
ページ上部へ戻る