水だけで料理が変わる!硬水を使って料理上手に

151515

毎日の料理作りにおいて、「水」は欠かせないものとなっています。しかし、水にはご存知の通り、軟水・硬水の2種類があります。実は水を変えるだけで、いつもの料理がもっと美味しくなるのです。この記事では、硬水が合う料理や合わない料理、それらの理由をご紹介いたします。

夜ごはんはカレーに決まり!硬水なら簡単に美味しく仕上がる

カレーをつくるときには「硬水」がおすすめです。硬水といえば、ヨーロッパのミネラルウォーターである「エビアン」や「ボルヴィック」が挙げられます。実際、ヨーロッパでもカレーなどのように肉を使用した「煮込み料理」には、硬水が使われています。硬水には、たくさんのマグネシムやカルシウムが含まれており、その成分が煮込み料理を美味しくしてくれるのです。まず、肉のアクをしっかり出す効果があり、それによりお肉を柔らかくてくれます。アクを十分に取り除かないと、肉の臭みが残ってしまいますし、お肉を固くしてしまう原因にもなるのです。

次に、野菜などの煮崩れを防止してくれます。大きめに切って入れたジャガイモが、カレーが完成する頃には「すべて崩れて溶け込んでしまっていた」という経験もあるのではないでしょうか?そんな問題も、硬水を使用することによって解決されるのです。また、カレーだけでなく「煮込み料理全体」に適しているので、シチューやポトフといった料理を作る際にも、硬水を利用してみてはいかがでしょうか。

硬水と相性ピッタリの料理!どうして美味しくなるの?

ヨーロッパ料理との相性が特に良いとされる硬水。パスタを茹でる際にも、硬水が適しています。硬水を使用することで、パスタにコシが出るのです。理由は、硬水に含まれる「カルシウム」が、パスタに含まれている「でんぷん」と結びつくからです。よって、レストランで味わうような、程よいアルデンテに仕上がるのです。

また、チャーハンやパエリアなどの「米料理」を作るときにも、硬水がおすすめです。チャーハンやパエリアは、米を少しパラパラさせることで、本格的な食感・味わいを楽しむことができます。米がパラパラに仕上がる理由は、硬水に含まれる「カルシウム」が米に含まれる食物繊維を硬くするためです。

その他、ピザの生地を作るときにも、硬水を使用すれば、本場ナポリのようなモチモチでパリパリの生地を作ることが可能です。理由は、強力粉を練った時に粘りや弾力を作る成分「グルテン」が硬水によって引き出されるからです。イタリア産の硬水を選ぶことも、美味しさをアップさせるポイントです。

和風料理に硬水はOK?使ったら出来栄えはどうなるの?

日本の「和風だし」を使った料理には、クセのない「軟水」が適しています。軟水は、昆布に含まれる「グルタミン酸」や、かつお節に含まれる「イノシン酸」を引き出し、うまみ成分を作ります。また、煮物やスープなど野菜を使った料理に使用すると、水分を野菜へ浸透しやすくする効果があるため、柔らかく仕上げてくれます。

では、和風料理に硬水を使ったとしたら、どのようになるのでしょうか?ダシをとる際に硬水を使用すると、うまみ成分が引き出されにくくなるため、それを料理に使用してしまうと、ダシの味がしない料理に仕上がってしまいます。海外旅行などで、和食を食べた際に「ダシの味が全くしなかった」という経験がある方もいると思います。その理由のひとつが硬水によるものと考えられます。また、煮物やスープなどに使用した場合、硬水に含まれるカルシウムが野菜の食物繊維を固くしてしまうので、アクが出るうえに、柔らかくしたい野菜も固い仕上がりになってしまいます。

どの家庭でも、毎日同じ水を使用して料理を作る方が多いと思います。しかし、軟水・硬水を使い分けることによって、料理の出来栄えや味が大きく変わるのです。いつも何かうまく仕上がらないと感じたら、水を変えてみることをオススメします。いつもは苦手だったレシピも得意になるかも知れません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…
ページ上部へ戻る