最大の環境問題のひとつ「水問題」とは?

最大の環境問題のひとつ「水問題」とは?

温暖化や原発問題など、取り上げればきりがない地球環境問題。中でも意外と知られていないのが「水問題」です。実は、私たちの生活と密接に関わる大事な問題なのです。そこで今回は、世界各国が危険視している水問題について、せまりたいと思います。

世界が抱える「水問題」への苦悩


ひとことで「水問題」といっても、水質汚染や津波など様々ですが、中でも一番に深刻なのは「飲み水の確保」の問題です。私たちが生きるには、水が必要ということは誰もが知っているでしょう。しかし日本に住んでいると忘れがちですが、実は世界には億単位で安全な水を飲むことができない人がいるのです。開発途上国では安全な水飲み場が近くにないために、水くみの仕事を女性や子どもが担っている光景をたびたび目にします。こうした子どもたちは学校にすら満足に通えていないのです。また安全な水飲み場が近くにない地域も少なくありません。そうした国では、汚染されにごった水を摂取する他なく、命を落とすことも珍しくはないのです。このように、生命を維持するために極めて重要な水ですが、その水の恩恵を受けることができない地域では、人として十分な教育を受けることができなかったり、最悪の場合には命を落としたりすることもあるわけです。日本では当たり前の光景は世界でも当たり前というわけではないという認知が必要です。

水不足が招く様々な弊害

そもそも地球上には海が多いのに、どうして安全な水はそう多くないのでしょうか。それは、私たちの必要とする飲み水は、海水ではなく淡水であるからです。地球上にある水のうち、淡水は約2%~3%といわれています。これらのうち氷や地下水を除くと、私たちが使える水は0.01%以下とも考えられています。こうした状況と世界規模での人口増加により、2025年にはアフリカ地域を筆頭に多くの人が水不足に陥ると予想されています。そうなると安全な飲み水はよりいっそう、世界の人々に行きわたらなくなります。しかし、水不足による弊害はそれだけではなく3つの視点から懸念を指摘することができます。1,「食糧不足」が懸念されます。人間が食料とする小麦など穀物の栽培には、大量の水が必要になります。世界規模で見ると人口の増加は著しいため、こうした食糧不足にも拍車がかかることでしょう。2,「感染症」です。水を使用することができないとなると、トイレを衛生的に使うことができません。下水などの流れが滞ることになれば、排泄物などがたまり、そこから感染症などの病気が流行することも予測されます。3,「水が原因の紛争」です。不足したものを奪い合う戦争や紛争は、歴史的に見ても世界各地で起こってきました。生命を維持するライフラインとなれば、紛争も激化してしまうでしょう。

安全な水を確保するためには?


こうした「水問題」に関して、世界各国が協力して解決に尽力しています。特に「飲み水の確保」の問題では、日本の技術が注目されています。実際にカンボジアでは、汚かった水道水の水を飲めるようにしたという実績もあります。飲み水の確保をすることで、同時に就業率の向上や水が原因での死者の現象など、良い方向に向かっていくことが期待されています。また水不足の問題に関しても、世界規模で海水を淡水に変えるシステムの開発などを進めていることは事実です。このように世界では水は「貴重なもの」になっています。日本にいると、いつでもきれいな水を使うことができるので、あまり実感はわかないでしょう。私たちが今、しなくてはならないことは、ひとつはこうした水を取り巻く問題があることを理解すること、もうひとつは身近な節水を心がけること、このような意識をみんながすることで、少しずつ変わっていくかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…
ページ上部へ戻る