日本の水道水はきれい!なのになぜ安全性を疑問視する声があがるの?

日本の水道水はきれい!なのになぜ安全性を疑問視する声があがるの?

日本が誇る水道システムは、世界各国へ輸出されるほどレベルが高いです。水道からそのまま水が飲める国は限られており、水資源が豊富で高度な浄化システムを持つ日本は恵まれた国といえます。しかし、信頼性の高い日本の水道水ですが、日本国内においてはその安全性に疑問を持っている人も多いです。水道水に対する安全性について解説します。

塩素で殺菌しているからおいしくないし健康被害が心配?

山や湖などの水源から集めた水を浄化する浄水場では、水の中の不純物を何度も濾過してきれいにしています。不純物を取り除いた水は、細菌などの繁殖を抑え消毒するために次亜塩素酸ナトリウムを加えてから各家庭へと送られるのが一般的です。いわゆるカルキと呼ばれる次亜塩素酸ナトリウムには様々な微生物やウイルスを殺菌する効果があり、塩素の強い酸化力で細胞膜を破損させたり、水中の酸素活性を減らしたり、タンパク質などを変質させて殺菌しています。ただ、塩素は水中のアンモニアと反応して強い臭いを発し、これが水を飲んだ時にカルキ臭い味を感じる原因になります。強力な殺菌力と塩素の臭いから、水道水はおいしくないし、体に悪いと認識されているのです。ただし、塩素を入れない水は微生物などが繁殖し、すぐに食中毒を起こします。水道水に塩素は欠かせない存在ですが、体に悪いかというとそんなことはありません。WHOで定められた塩素の濃度基準は5mg/Lで、これは一生飲み続けても大丈夫な濃度とされています。日本の水道法で定められた水質基準では塩素は0.1mg/L以下の濃度となるように設定されています。WHOの基準よりもかなり低い濃度なので、飲み続けても何の問題もないのです。

赤サビは出ないけど… 給水管の管理は大丈夫?

日本の水道水はきれい!なのになぜ安全性を疑問視する声があがるの?
水道水の安全性については厳重に管理されていますが、各家庭への供給に使っている配管については大丈夫なのでしょうか。使っていない水道管からは赤サビが出てきます。これは配管内にできて溜まったサビがはがれて流れ出たもので、たとえ赤サビが出なくても水道水はサビにさらされた状態で流れてきます。しかし、サビ自体は人体にあまり悪影響はありません。過度にサビを摂取しなければ問題ないのです。問題になるのはサビ対策として給水タンクなどに入れられる防腐剤の方で、防腐剤に含まれるリン酸塩やケイ酸塩を過剰に摂取すれば人体にも悪影響があります。水道水には塩素以外の添加物は入れない方が良いとする学術論文もあり、体に悪そうに見える赤サビよりもそれを防止する添加剤の方が体に悪いのです。配管の更新や添加剤の投入はマンションの設備を管理している会社の方針によります。あなたのところは大丈夫かどうかを一度確認してみてはいかがでしょうか。

安全な水道水を提供するための自治体の努力

水道水は水道法などで規定された同じ管理基準で管理されています。しかし、各地域で水道水から出てくる水の味や安全性には違いがあるのです。単純な水源の違いというものあります。きれいな水源から得られた水は当然味もよく安全性も高いです。水源さえきれいなら水はおいしく安全になるため、水源が汚れないように整備や清掃することも大切になります。最新の浄化設備を持っている浄水場から給水される水は、古い設備の水よりも不純物の残存量なども少なくなります。また、水道水にはおいしさを追求する水質基準もあり、安全なだけでなく、よりおいしい水が飲めるよう努力もされているのです。水道水を送る給水管の交換工事を定期的に行い、配管の劣化を防ぐことも行われています。こうした努力はすべて浄水場を管理する自治体が行っている努力です。日本の水資源は豊富ですが、すべての水がそのまま飲めるほどきれいなわけではありません。より安全によりおいしい水道水を届けるための自治体の努力があって、いつでも水道水が飲めるのです。

それでも心配なら水道直結型ウォーターサーバーが安心

日本の水道水はきれい!なのになぜ安全性を疑問視する声があがるの?
水道水の安全性について疑問視している人も、実際の浄水場の取り組みや管理基準などを知れば水道水がいかに安全か理解できたのではないでしょうか。しかし、水道水に含まれる塩素が原因といわれているトリハロメタンなどの発がん性物質の問題や、老朽化した配管からの異物混入など水道水について不安を覚える話は他にもたくさんあります。すべてが根拠のない話と断定することもできませんし、単純にカルキ臭いのが苦手ということもあり、やっぱり直接水道水から水を飲むのは心配と考える人もいるでしょう。そんな人は水道直結型のウォーターサーバーを取り付ければ安心して水道水を飲むことができます。水道水に含まれる不純物を飲む前にできるだけ取り除く水道直結型のウォーターサーバーは、重たい水タンクの宅配や予備の保管、交換の手間がかかりません。水道水に浄化装置を取り付けるだけです。取り付けやフィルターの効果は専門の職員が来て行ってくれるので、何も難しいことはないのです。月額定額制なら使いたい放題なので、きれいな水をおしみなく使うことができます。直接水道水を利用するのが不安なら水道直結型のウォーターサーバーをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…
ページ上部へ戻る