昔の人から学べ!水の特徴をよくとらえた「水」のことわざ集

昔の人から学べ!水の特徴をよくとらえた「水」のことわざ集

昔から人の生活を支えてきた水からは、さまざまなことわざが生まれました。水の特徴をよく掴んだことわざは、今日の小説や社説などでも用いられています。今回は水にちなんだことわざをいくつかご紹介します。意味がわかれば、ことわざを用いた文章も読みやすくなるのではないでしょうか。

清ければ良いというものでもない?「水清ければ魚棲まず」

昔の人から学べ!水の特徴をよくとらえた「水」のことわざ集
魚はきれいな川を好むとは限りません。少しくらい汚れていた方が、かえって棲みやすいこともあります。水中の藻は少し汚いイメージがあるのではないでしょうか。しかし、藻を食べている魚も多く、これがないと生活できません。きれいだから気持ちが良いとは限らないのです。例えば、ホテルの部屋は掃除が行き届いていますが、暮らすとなると自分の部屋の方が落ち着きませんか。ちょっとくらい物が散らかっていても居心地が良いのは、魚にとって藻でちょっと汚れているくらいが暮らしやすいのと同じです。まさにこのことわざ通りです。清潔感は大切ですが、あまりにきれいすぎても落ち着けません。何事も程々がちょうど良いのです。掃除しすぎると疲れてしまいますし、隅々までピカピカだと汚すまいと気を遣ってしまってくつろげません。家事をする際には、このことわざを頭の隅に置いておきたいものです。

別れた彼が大出世!やり直したいけど…「覆水盆に返らず」

このことわざは、昔の中国のある夫婦にちなんでいます。夫はいつものんびりとしていて、ほとんど働こうとしませんでした。妻にもっと働くように言われてものんびり屋の性格は変わりません。夫がこの調子では出世を見込めないどころか、生計を立てていくことも厳しいのではないかしらと呆れ果てた妻はついに離婚を切り出します。離婚後しばらくして夫が出世することになりました。妻はしまったと思って復縁を迫ったところ、元夫はある条件を出します。器の水をこぼして、これを元に戻せたなら復縁しようと言ったそうです。しかし、一度こぼした水は元に戻せるはずはありません。結局、寄りは戻せませんでした。このことから、やってしまったことは取り返しがつかないことを「覆水盆に返らず」と言うようになったと言われています。良い意味で使いませんので、日常ではあまり多用したくはないものですね。物事には慎重になれということを後世に伝えています。

がんじがらめになったら一度立ち止まろう「行雲流水」

雲や水は一定の形を保つことはありません。滝や川の水は途中で留まることなく流れていきます。雲はすじ雲やうろこ雲、入道雲などと形を変えて常に流れていくものです。1日ずっと一点に留まっているのは見たことがないでしょう。これにちなんでこのことわざが生まれました。一定の形を保たないということは、ひとつのことに執着しないということに言い換えられます。人生がうまくいかないときは何かひとつのことに囚われていることが多く、無理に進もうとしてもなかなか進めないものです。しかし、執着心をぱっと手放すと案外うまくいくようになることもあります。昔の人は水の性質を利用して後世に生きる私たちにうまく生きるヒント伝えたかったのかもしれません。恋愛や学業、就職、仕事などが思い通りにいかないときは、このことわざに従ってみると道が拓けるかもしれません。

あわないものはあわない!「水と油」

昔の人から学べ!水の特徴をよくとらえた「水」のことわざ集
水に油を垂らすと見事に分離して、しばらくしても混ざることは一切ありません。この性質から合わないものどうしを「水と油」と言い表すようになりました。仲が悪い2人に対して「○○さんと○○君は水と油だ」のように、人間関係をそれとなく表すのによく使われます。さらに料理のメニューの組み合わせなどにも使えます。ハンバーグにチーズではなく、チョコレートがトッピングされていたらどうでしょう。まさに「あわないものはあわない」です。料理もですが、あからさまに人間関係を言うのはちょっとはばかられます。はっきりと意見を言うのは大切ですが、良くないことを堂々と口にするのは考えものです。そこで耳打ちするような感じで伝えられるこのことわざを使いましょう。普段の生活でそれとなく伝えられるので、直接的に言いたくないときには便利なことわざです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…
ページ上部へ戻る