水割りにミネラルウォーター!どんな水がおすすめ?

水割りにミネラルウォーター!どんな水がおすすめ?

お酒をストレートやロックで飲むのはきついし、お湯割りはわざわざお湯をわかすのが大変。そんなときはすぐできる水割りが便利でいいですよね。しかし、どのミネラルウォーターを使うかで美味しさが格段に変わるのを知っていましたか。今回は、水割りにおすすめのミネラルウォーターと美味しい水割りの作り方をご紹介します。

ミネラルウォーターにも種類がある

ミネラルウォーターにも種類がある

現在製造されているミネラルウォーターは1000種類以上あるといわれています。このミネラルウォーターは4つの種類に分けられます。1つ目は、ミネラルウォーターです。品質を向上させるために、いくつかのナチュラルミネラルウォーターを混ぜ合わせたり、人工的にミネラル分を加えたりしてつくられた水です。2つ目は、ナチュラルウォーターです。地下水からくみ上げた水のことで、ろ過、加熱、沈殿のいずれかの加工をした水をいいます。3つ目は、ナチュラルミネラルウォーターです。ナチュラルウォーターの中でも色々な場所を通過した水のことで、地中に含まれるミネラルが溶け込んでいます。4つ目は、ボトルドウォーターです。3種類以外の水のことで、地下水以外の水に何かしらの成分を加えた水をいいます。また、水といえば、ミネラルウォーターの他に天然水がありますよね。同じ水のように思う方が多いでしょうが、ミネラルウォーターは人の手が加えられた水で、天然水は自然にろ過された水です。混合しないように気をつけましょう。

どんなミネラルウォーターがお酒を割るのにおすすめ?

お酒を水割りで飲むときは、お酒の種類によってミネラルウォーターを使い分けるといいでしょうか。焼酎なら軟水、ウイスキーなら硬水で割るのがおすすめです。軟水と硬水は、ミネラルウォーターに含まれるミネラルの中のCa(カルシウム)とMg(マグネシウム)の含有量によってわかれます。WHO(世界保健機関)によると、ミネラルウォーター1リットルの中に含まれるCa(カルシウム)とMg(マグネシウム)の合計量が0.12リットル以上を硬水、0.12リットル未満を軟水と規定しています。では、なぜ焼酎とウイスキーで適した水が違うのでしょうか。それは、お酒をつくる際に使われた仕込み水が違うからです。基本的に、仕込み水と同じ水で割ると美味しい水割りができるといわれています。日本の水は軟水ですので、焼酎の仕込み水は軟水です。一方、ヨーロッパの水は硬水ですので、ウイスキーの仕込み水は硬水です。水割りを作るときは、お酒と相性のいいミネラルウォーターを選びましょう。ただし、日本は軟水ですので、硬水を一度のたくさん飲むとお腹を壊してしまう人もいるので、注意しながら飲みましょう。

水割りのおいしい作り方は?

水割りのおいしい作り方は?

水割りは、水でお酒を割るシンプルな飲み方です。しかし、混ぜる順番や寝かせる時間によって美味しさが格段に違ってきます。では、早速美味しい水割りの作り方をご紹介します。まず、水割りはお酒、水の順番にグラスに注ぎます。水はお酒よりも重いので、水を注いた際に水が沈みお酒が上に浮き上がってきて自然と混ざり合うのです。お湯割りのときも同じ順番で作ります。さらに、美味しい水割りを飲みたい方におすすめなのが、前割りです。前割りとは、前もって水割りを作っておく焼酎の飲み方をいいます。方法は簡単で、水割りを作っておきそれを2日~1週間くらい寝かせるのです。そうすると、焼酎と水がなじんでまろやかでとても美味しい水割りになります。これは科学的にも実証されていて、寝かせることで水の分子がお酒の分子を包み込み、お酒の刺激が抑えられて味に丸みがでるそうです。しかし、1週間待つのが難しい場合もあるでしょう。そんなときは、1晩寝かせるだけでもグッと美味しくなるので一度試してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…
ページ上部へ戻る