身の回りにある様々な水!どうやって分類する?

身の回りにある様々な水!どうやって分類する?

私たちが普段飲んでいる水。水道水やミネラルウォーターは飲料水のみならず、料理や薬の服用時など生活には欠かせません。生きる上で不可欠といえる水ですが、水の安全に関わる酸性アルカリ性やミネラルウォーターの硬水軟水など、様々な分類があります。今回は、ぜひとも知っておきたい水の分類の仕方について詳しく紹介します。

pHで分類!酸性とアルカリ性と中性

pHで分類!酸性とアルカリ性と中性

酸性やアルカリ性という言葉は、水の「状態」を表す指標としてよく使われます。これらはペーハー(pH)で表され、pH7未満を酸性、pH7を中性、pH7より上をアルカリ性と3種類に分類されています。pHとは水素イオン指数のことで、水の中に含まれる水素イオンの濃さによって変化します。水質の基準はpH5.8~8.6が適正とされ、飲み水としては中性に近いほうが良いとされています。酸性やアルカリ性の水はどのような状態なのでしょうか。まず、酸性の水ですが、酸性雨のイメージからも飲み水としてはあまり良いとは言えません。酸性が強いと水道管の腐食を早めてしまう効果もあり、飲み水には適していません。ただ、人間の肌は弱酸性なので、洗顔や、うがいや消毒などでは弱酸性の水は役立ちます。一方で、アルカリ性の水は身体との相性がよく、吸収率が高いと言われています。それは、人間の体液は約pH7.4と弱アルカリ性だからです。市販のミネラルウォーターの中には電気分解されたアルカリイオン水などもあり、健康に良いと考えられています。日本の水道水も弱アルカリ性になっているので、酸性による身体への害はありません。

硬度で分類!硬水と軟水

ミネラルウォーターなどのラベルでよく目にする硬水と軟水は水の硬度で分類したものですが、具体的にはどのような違いがあるのでしょうか。その基準は、水に含まれるカルシウムとマグネシウムの量です。日本では一般的に1Lあたりのカルシウムとマグネシウムの含有量が、100mg以上のものを硬水、100mg未満のものを軟水と呼んでいます。硬水は文字のイメージ通り、のどごしが強い水で、しっかりとした飲みごたえがあります。身体への吸収があまりよくないので胃腸への負担がかかりますが、ダイエットにはおすすめです。一方で、軟水は口当たりがなめらかで、さっぱりしているのが特徴です。吸収率が良いので、お年寄りや赤ん坊などにはおすすめです。体が弱っているときや薬を飲む時なども、吸収の邪魔をしない軟水をおすすめします。料理の時に使いやすいのも軟水です。日本の水はほとんどが軟水で、水道水も軟水です。食事や栄養を考えて、飲み分けてみるのがいいかもしれません。

殺菌処理の仕方で分類!ミネラルウォーター

殺菌処理の仕方で分類!ミネラルウォーター

ミネラルウォーターと一口に言っても、殺菌処理の方法によって実はいくつかの種類があります。1つ目は、「ナチュラルミネラルウォーター」。ミネラルをもともと多く含んでいる地下水を原水としています。それらを使って沈殿、ろ過、加熱殺菌を行った水のことを指します。日本でミネラルウォーターと呼ばれる多くはここに分類されます。2つ目は、「ナチュラルウォーター」。特定の水源を原水として、沈殿、ろ過、加熱殺菌を行った水のことです。ナチュラルミネラルウォーターとの違いは、もともとミネラルを含んでいたかどうかです。3つ目は、「ミネラルウォーター」。水の品質を安定させ飲みやすくするためにミネラルを調整したり、複数の水を混合したり、手を加えたものです。4つ目は、「ボトルドウォーター」。先に説明した3つの分類以外の水が分類されます。具体的には水道水などで、処理方法に制限はありません。日本で販売されるミネラルウォーターは、殺菌が厳しく義務付けられています。「天然」とうたわれていても、殺菌などが行われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…
ページ上部へ戻る