ストックしておきたい水!どんな水をどれくらいがベスト?

ストックしておきたい水!どんな水をどれくらいがベスト?

人間が生きていくために欠かせない水。震災を考慮すると、飲み水だけでなくトイレや洗濯用の水もストックする必要があります。しかし、水をストックする方法やストックする水の量がわからず、何もできていないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、水をストックする場合の必要量や方法をご紹介します。

いざというときのためのストック水!必要量は?

いざというときのためのストック水!必要量は?

震災など備蓄用の水は1人あたり1日3ℓ必要です。人が生きていくために必要な水分量は2.3ℓといわれています。これに若干余裕を加えた3ℓを用意しておきましょう。災害時は、給水車がくるまでに3日かかるといわれています。そのため、最低3日分の9ℓ、できれば余裕をもって5日分15ℓの飲料水をストックしてきましょう。夫婦2人暮らしであれば18~30ℓ、家族4人暮らしであれば36ℓ~60ℓ必要になります。また、飲料水以外に、洗い物、トイレ、洗濯などに使う水も必要です。こちらも飲料水と同様に1人につき1日3ℓストックするのが理想です。ただし、これらは口に入れるものではないので浴槽に残った水を使うことができます。浴槽は通常のサイズであれば150~200ℓくらい溜めることができますのでぜひ活用してください。ペットを飼っている場合は、ペットの水も忘れずにストックしておきましょう。また、災害時はトイレの回数を減らしたいという思いから水分補給を減らそうとする方がいます。しかし、脱水症状に陥ると最悪の場合、命に関わる可能性もあるので、1日の必要量はしっかりと摂るように意識しましょう。

保存はタンクorペットボトル?最適なサイズは?

水のストック方法はタンクとペットボトルの2種類あります。タンクを購入する場合は、飲料水用かどうかチェックしましょう。青や赤のタンクは灯油用で白が飲料用です。タンクのサイズは5ℓ、10ℓ、20ℓとさまざまです。ストックする水の量や保存スペースを考慮してタンクを選びましょう。一方、ペットボトルの場合はしっかりと洗って乾かしてから使うことが大切です。水分が残っていると、そこから雑菌が繁殖してしまいます。タンクやペットボトルに水道水を備蓄する場合、保存期間は3~5日といわれています。その期間が過ぎたらお風呂など飲食以外の用途に使って小まめに入れ替えましょう。また、水道水を常備するやりがちな間違いが2つあります。1つ目は、浄水器を使うことです。浄水器を使うと水の塩素がなくなるため、雑菌が増殖しやすくなります。2つ目は、沸騰させた水を使うことです。水道水に含まれるカルキは沸騰させると雑菌を増やす性質があります。これらをすると保存ができなくなるので注意しましょう。最近では、ウォーターサーバーや10年以上保存がきくペットボトルタイプの水などが販売されているので、購入の際は検討するのもおすすめします。

非常用のストック水は品質保持期限に注意

非常用のストック水は品質保持期限に注意

ストック用の水を購入した場合、いざ使うときに期限が切れていたということが起こらないために、定期的に品質保持期限を確認しましょう。おすすめはローリングストック法です。ローリングストック法とは、ストック用の水の品質保持期限を見ながら、随時使って買い足していく方法です。ストックを循環させながら備蓄させます。たとえば、品質保持期限が1年のペットボトルが12本あったら、毎月1本使って、1本購入するという流れです。また、水のストックは保存状態が悪いと、傷めてしてしまう恐れがあります。直射日光があたる場所には置かない、取り出しにくいとこに置かない、品質保持期限を箱の外に明記しておくなど、保存場所や保存方法を工夫することも大切です。また、1階よりも2階にストックした方が災害時に家が崩れたとしても水を確保できる可能性が高まります。水は、人が生きていく上で欠かせないものです。保存には細心の注意を払って、少しでも長く保存できるように心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…
ページ上部へ戻る