今注目の水洗顔!どんな水でもいいの?

今注目の水洗顔!どんな水でもいいの?

夜寝ている間に顔についた埃や汗、余分な皮脂を洗い流すために朝の洗顔は大切ですが、皆さんはどのようにして顔を洗っていますか。最近は、肌にやさしいうえに肌荒れを治す「水洗顔」が注目を集めています。ここでは、なぜ水洗顔が人気なのか、水洗顔のメリットや正しい方法についてお伝えします。

トラブル肌になぜ水洗顔がいいの?

トラブル肌になぜ水洗顔がいいの?

水洗顔はその名の通り、洗顔料や石鹸などを使わずに水だけで顔を洗う方法です。水だけでは十分に肌の汚れを落とすことができるのかが気になりますが、実は特に乾燥肌や敏感肌、ニキビなどといった肌トラブルに悩んでいる方におすすめの洗顔方法なのです。その理由は大きく分けて3つあります。
1つ目は、肌に負担をかけずに汚れを取り除くことができるからです。乾燥やニキビは、洗いすぎや洗顔時の摩擦が原因の可能性があります。スキンケアのつもりが刺激になってしまい、肌トラブルの悪化につながりかねません。2つ目は、肌に必要な皮脂を残し、肌を守ってくれるからです。余分な皮脂はニキビの原因になりますが、皮脂は紫外線や乾燥などの刺激から肌を守る働きがあります。特に皮脂分泌が少ない乾燥肌だと、洗顔料では必要な皮脂まで洗い落としすぎてしまいます。水洗顔だと適度な皮脂が残り、乾燥しにくくなるのです。3つ目は、肌のバリア機能を高めることができるからです。普段私たちは洗顔して化粧水、美容液、乳液、保湿クリームなどと肌をケアしようといろんな美容成分を重ねていますが、こうすることで反対に肌に負担をかけてしまい、肌の自己再生力が落ちてしまうのです。水洗顔を続けることで洗いすぎを防ぎ、肌のターンオーバーが促進されるようになるので、肌荒れの改善や肌を柔らかくするといった効果が期待できます。

水洗顔は朝だけって本当?

水洗顔のやり方は、朝だけ水洗顔をして、夜は普段通り洗顔料を使うのが一般的ですが、なぜ水洗顔は朝だけなのでしょうか。それは、水で十分に落とせない「油溶性汚れ」があるからです。普段何も意識していなくても、外出中は排気ガスやタールといった空気中の油分、家の中では料理中の油はね、そして過剰な皮脂といったようなものが油溶性汚れにあたりますが、これらは1日だけでも結構な量が蓄積されてしまいます。そのため、夜は洗顔料を使ってしっかり汚れをオフした方が肌にいいのです。一方、埃や汗は水溶性汚れといって水だけでも十分洗い流すことができます。ただ、例外もあります。それは肌がひどい乾燥状態だったり、触るだけでヒリヒリしてしまうような敏感肌だったりするケースです。こういった場合は、肌にできるだけ刺激を与えないのが得策なので、朝だけではなく、夜に水洗顔をして肌を優しくケアするのがいいでしょう。

水ならどんな水でもいいの?適温は?

水ならどんな水でもいいの?適温は?

水洗顔と聞くと、冷たい水でバシャバシャと顔を洗うのをイメージしそうですが、冷たすぎると毛穴が閉じて毛穴汚れが取れにくくなってしまいます。そのため、十分な効果が得られません。適温は30~32度のぬるま湯です。実際これくらいの水温に触ってみると「少し冷たいかな」と思うかもしれませんが、皮脂は約30度で溶け出すので、この温度で十分に皮脂を浮かせて、きれいに洗い流すことができます。ただし、肌質によっては皮脂が残りすぎてさっぱりしないという場合もあります。そういったケースのときは、人の体温より若干低い35度くらいまで徐々に水温を上げて調節してみましょう。35度くらいの水温でもまだ普段のお風呂やシャワーの水温と比べたら低いですが、これ以上は上げないように気を付けましょう。その理由は、人の体温は大体36度ほどですが、顔の表面の温度はもう少し低く、およそ32~35度だからです。それ以上の水温だと皮膚にとって熱すぎてしまい、皮脂が落ちすぎるだけでなく、低温やけどになってしまうリスクもあるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…
ページ上部へ戻る