ボトル型ウォーターサーバーにはどんな種類があるの?おすすめのタイプは?

ボトル型ウォーターサーバーにはどんな種類があるの?おすすめのタイプは?

ウォーターサーバーは、家庭で簡単においしい水を飲めることから人気が高まっています。従来のボトル型ウォーターサーバーを利用する際には、自分の生活スタイルに合ったタイプのボトルを注文しなければならず、その見極めが大変でした。大きく分けると2タイプのボトルがありますが、それぞれのメリットとデメリットを見てみましょう。そのうえで、画期的なウォーターサーバーをご紹介します。

再利用型・リターナブル方式のメリットとデメリット

ボトル型ウォーターサーバーにはどんな種類があるの?おすすめのタイプは?

リターナブル方式とは、ガロンボトルとも呼ばれていて、再利用が可能なタイプのボトルになります。使い終わると業者に回収してもらい、滅菌処理をしたのちに、新しい水が入れられるようになっています。再利用というと安全面が気になりますが、以前は滅菌に薬品が使用されていました。しかし現在では、酸性水やアルカリ水、オゾンなどを利用した殺菌方法に変わってきているところが多いです。ボトルの素材にも、十分な配慮をしている会社が増えています。したがって、環境面を考え、ゴミを減らしたいという人には人気の高いタイプのボトル型ウォーターサーバーです。しかしその一方で、ボトルの保管場所を考慮する必要があるというデメリットもあります。狭い住宅事情の日本では、大きなデメリットであるといえるでしょう。

使い捨てタイプ・ワンウェイ方式のメリットとデメリット

ワンウェイ方式とは、リターナブル方式のように再利用するのではなく、使い切ったら捨ててしまうタイプのボトルになります。使用後にはゴミに出してしまえば良いわけですから、業者に回収してもらうまでの間、ボトルを自宅に保管する必要がないのは大変便利です。また、真空状態で水をボトルに入れるので、雑菌にさらされる可能性はリターナブル方式に比べて少なく、より安全といえるでしょう。実際、リターナブル方式のボトルよりも、水の有効期限が長めに設定されています。しかし、ガロンボトルが固い容器で外見上がオシャレであるのに対し、ワンウェイ方式のボトルは水を使うとどんどん圧縮される柔らかいボトルできているので、オシャレとはいいにくいかもしれません。リターナブル方式とワンウェイ方式のどちらにしても、ボトルを注文して届けてもらう必要があるので、水の利用量を考えたり、注文の電話をしたりという手間があることには変わりありません。

次世代のノンボトル型ウォーターサーバーがおすすめ

ボトル型ウォーターサーバーにはどんな種類があるの?おすすめのタイプは?

どちらのボトルを採用するかで頭を悩ますことが多いウォーターサーバーですが、ボトルそのものが不要なウォーターサーバーが登場しました。これまでは、使い捨てであろうとなかろうと、業者がろ過した水をボトルに詰めて家庭に運んでもらっていたのですが、新しいタイプのものは、自宅において直接水道につなげてろ過をしてしまうという、ノンボトル型ウォーターサーバーになります。ボトルが不要ですから、ボトルがなくなりそうだから業者に電話をするという手間がいりませんし、定期的に配達に来ることを頭に入れておく必要もありません。来客が多かったので水の減り具合がいつもより早いとか、長期の旅行に出かけていたから水の減りが少ないなどと、ボトルの水の減り具合を気にかけるストレスもありません。自分のペースで水を消費することができるのです。ボトル代や配達代がかからないことから、節約にもなります。ボトル式であれば、ついつい飲料水だけに利用したりする人が多いといいますが、料理やペットなどにも利用しやすくなります。そもそも、大きなボトルの保管場所を考える必要がなくなります。ボトルがないので、大きな重たいボトルを抱えて設置したりすることも不要です。また、自宅の水道に直結して、ろ過した水をすぐに使用するわけですから、衛生面でもさらに優れているといえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…
ページ上部へ戻る