正しい水の飲み方で綺麗な肌になれる!

正しい水の飲み方で綺麗な肌になれる!

人が生きるために必要不可欠な水。水道やウォーターサーバー、ペットボトルなど、簡単に手に入れることができるので、普段何気なく飲んでいる人も多いのではないでしょうか。当たり前にある水ですが、正しい飲み方をすれば綺麗な肌になれると知っていますか?どんな飲み方をすれば効果が期待できるのか、まとめてみましたので参考にしてみてください。

水分不足は乾燥肌を招く?

正しい水の飲み方で綺麗な肌になれる!

乾燥肌に悩む人は少なくないといわれています。そのため、肌が乾燥しないようにさまざまな成分の入った化粧品が販売されています。肌の保湿をするためには、確かに外からのケアも大切です。しかし、いくら外からケアをしても体の中の水分が不足すれば、乾燥肌になってしまう可能性があるのです。肌は肌内部にある角質層の細胞間脂質が減少することで、保湿機能が正常に働かなくなり乾燥しやすくなります。体内の水分が不足すると血液がドロドロになり血行不良を引き起こし、肌の新陳代謝が低下するので細胞間脂質も減少して乾燥肌につながってしまうのです。さらに、皮膚の水分は自然に蒸発したり汗をかいたりして減少するのですが、通常は体内から水分が供給されるので潤った状態を保てます。ところが、体内の水分が足りなくなると、蒸発する水分に対して供給が間に合わなくなり、肌がどんどん乾燥状態になってしまいます。水分の保湿の役割をする細胞間脂質が減っているうえに、肌の水分がなくなれば化粧品だけで乾燥を食い止めるのが難しくなると考えられます。そのため、身体の内側から十分な水分を供給するためにも、きちんと水分補給をすることが大切なのです。

水を飲むと代謝がアップしてターンオーバーが活発に

正しい水の飲み方で綺麗な肌になれる!

ターンオーバーという言葉を聞いたことはないでしょうか。ターンオーバーとは、一言でいうと新陳代謝のことで、皮膚の細胞が新しい細胞に生まれ変わることです。そもそも皮膚の新しい細胞は、基底層という皮膚の1番下でつくられています。その細胞がだんだん押し上げられて角質細胞になり、最後は剥がれ落ちるというサイクルをターンオーバーというのです。通常、ターンオーバーのサイクルは約1カ月ですが、代謝が悪くなるとこの周期が遅くなります。周期が遅くなると古い角質が肌の表面に残ってごわつきを起こし、肌が硬くなり乾燥しやすくなってしまうのです。そこで、肌の代謝を上げるために水を飲むことをおすすめします。なぜなら、体内の水分が十分にあると血液の循環が良くなり、血液が細胞まで届く速度が上がるので代謝が良くなるといわれているからです。さらに、水を摂取すると利尿作用で、体内の老廃物や毒素が排出されるため、美肌効果も期待できるでしょう。栄養素はほとんど入っていない水ですが、身体のサイクルを正常に働かせるためには欠かせない存在といえます。

コーヒーやお茶ではなく水をそのまま飲むことが大切

水分補給に、お茶やコーヒーを飲む人もいるかもしれませんが、できれば水はそのまま飲むことがおすすめです。お茶やコーヒーに含まれるカフェインには、眠気を覚ます覚醒作用のほかにも、水分を身体の外へ排出する利尿作用があります。代謝を促進するためには利尿作用があるのは良いことなのですが、必要以上に水分を排出してしまう可能性もあるのです。さらに、水分不足を解消するためにカフェインの入ったお茶やコーヒーばかりを飲んでいると、軽い脱水症状を引き起こすこともあるので注意が必要です。また、カフェインは紅茶やウーロン茶にも入っています。水分補給のときは、意識してそのままの水を摂取すると良いでしょう。ちなみに、水分補給には硬度の低い、軟水が良いといわれています。日本の水道水は軟水ですし、ペットボトルなどで購入するときは記載されているので、チェックしてみると良いかもしれません。水分補給は、夏の汗をかきやすい時期に限らず、乾燥しやすい冬でも大切なことです。効果的に水分を補給し身体の中から水分不足を解消して、潤いのある綺麗な肌を目指してみませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…
ページ上部へ戻る