いつまで使える?浄水器のタイプ別寿命

4.いつまで使える?浄水器のタイプ別寿命

少し前までは高価なイメージがあったものの、今では手頃な値段で簡単に取り入れることができるようになった浄水器。ポット型や蛇口直結型など、様々な浄水器がありますがいったいどれくらい使えるのでしょうか。いろんな種類の浄水器がありますが、維持費も考えて一番コスパの良い浄水器が欲しいと思っている方、またはカートリッジの交換が面倒くさいから、一番寿命が長い浄水器が欲しい…と思っている方、こちらの記事をチェックして参考にしてくださいね。

タイプにより異なる浄水器の寿命、購入時にチェック!

浄水器は、フィルタを通して水道水を濾過するという構造上、フィルタの交換という作業が必要になります。そのため、浄水器の寿命=フィルタ(またはカートリッジ)の寿命と言い換えることもできます。浄水器自体が壊れるということはあまり考えにくいので、自分のライフスタイルに合った浄水器を選ぶと良いでしょう。「蛇口直結型」は、2千~1万と安く導入することができ、コンパクトで誰でも手軽に導入することができます。直接蛇口から水を出すので、今までの水の使い方とさほど変化なく使えます。ただし、コンパクトであるがために、カートリッジの交換は頻繁で、除去率もそれほど高くありません。安い値段で、手軽に浄水器を導入したい方にお勧めです。「据え置き型」は2~10万程度で、大きくて設置場所の確保が必要ですが、有害物質の除去率は非常に高く、カートリッジの交換も頻繁には必要ありません。性能なら、据え置き型が一番です。「アンダーシンク型」も、2~10万で比較的高価ですが、流し台の下に設置できるので見た目は普通の流し台と変わりません。設置に工事が必要となる場合がありますが、半永久的に使えると言って良いでしょう。「ポット型」は、2千円~6千円と、使いやすさと値段の安さではダントツの浄水器です。そこまで浄水性能が高くないのが難点ですが、冷蔵庫に入れて冷やしておけるので普段の飲み水として、料理用としての用途で使えるでしょう。導入しやすさは一番簡単な反面、カートリッジの交換はその他のタイプと比べると頻繁にする必要性があります。(引用元:http://j-water.jp/water-filter/)

カートリッジの交換時期は?

カートリッジの交換時期が短い順に書くと、「ポット型」が2~3ヶ月、「蛇口直結型」が2~4ヶ月、「据え置き型」が半年~1年、「アンダーシンク型」が1年での交換となります。短期的に見ればポット型が一番初期投資費用も安く、カートリッジの値段も安いので良さそうに見えますが、これから何年も使おうと思っている方、頻繁に、大量に水を使おうと思っている方は初期投資は高めでも、維持費が安い「据え置き型」や「アンダーシンク型」が長期的な目で見ると安くなります。また、1年に1回の交換という手間がかからないのも魅力です。

アルカリイオン浄水器の場合、10年程度

アルカリイオン浄水器は、水道水を濾過した後、さらに健康に良いとされるアルカリイオン水を作る浄水器のことで、普通の浄水器とは少し違います。さらに、アルカリイオン水をつくる電解槽は頻繁な交換が必要なく、2年から、長いもので10年も交換が必要ありません。もちろんちょっとしたメンテナンスは必要になりますが、それでも2ヶ月で交換が必要な「ポット型」と比べると、ほぼ交換はないといっても良いレベルです。他にも普通の浄水器と違うところは、蛇口から出るのではなく専用の出口からでるので流し台のスペースがある程度必要になります。どうしても蛇口から水を出したいときは、専用の別売り部品をつけることができるタイプもあるので、購入時に確認する必要があります。初期投資も3~10万と、一般的な浄水器とさほど変わらないので、候補に入れてみてはいかがでしょうか。(引用元:http://j-water.jp/column/alkali-ion.html)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…
ページ上部へ戻る