知っていましたか?ミネラルウォーターにも賞味期限が!

6.知ってましたか?ミネラルウォーターにも賞味期限が!

家にミネラルウォーターを常備している人も少なくないでしょう。最近では会社やオフィスビル、大規模マンションなどの集合住宅などでも災害時や緊急時などに備え、備蓄用のミネラルウォーターを大量に保管しています。ミネラルウォーターは沢山の種類があり、お気に入りの種類を選ぶことはしても、案外賞味期限を確認して、常にそれを把握している人はそれほどいないのかもしれません。しかし、全てのミネラルウォーターには賞味期限の記載がありますので、定期的に確認してみることをお勧めします。

多くのミネラルウォーターは2年程度

2リットルのペットボトルの場合は、賞味期限は2年と記載されていることが殆どです。しかし、実際には賞味期限が多少経過していても、ミネラルウォーターは未開封の場合、腐敗する可能性が殆どないので、適切に保管しておけば飲用する際でもそれほど厳密に賞味期限に拘らなくてもよいでしょう。それでも、賞味期限は確実に安心して飲める目安として意識しておくにこしたことはないでしょう。

2リットルのペットボトルの賞味期限が2年とされているのに対して、550ミリリットルの小型の容器で販売されているミネラルウォーターの賞味期限は1年と記載されています。なぜ小さいペットボトルの賞味期限のほうが短く設定されているのか不思議ですが、それには理由があります。小さいペットボトルは、ペットボトル表面から受ける温度や、ペットボトル近くに置いてある物の香りなどが移る可能性が大きなペットボトルと比べて高いためです。それでも、保存状態がよく、未開封であれば2リットルのミネラルウォーターと同様に、賞味期限についてはそれほど神経質になる必要はないでしょう。

ミネラルウォーターによっては賞味期限が5年に設定されているものもあります。場合によっては6年まで大丈夫です。ペットボトルが通常のよりも厚めで、衛生面を保つための工夫がされているために、このような長期間の賞味期限を設けることを可能にしています。(引用URL:http://biz-journal.jp/2012/09/post_621_2.htmlhttp://www.fujimineral.jp/hijou/

賞味期限が設けられているのは容器が理由

ミネラルウォーターは未開封で、ペットボトルの保管が適切に行われていれば、賞味期限にそれほど神経質になることはないのですが、中身が衛生的に保たれていたとしても、問題はペットボトルの耐用性や特性により、各メーカーがあえて賞味期限を設定しているようです。

また、ペットボトルに傷などがついてしまったりすることもあるでしょう。そうすると外気に触れてしまいますので、保存状態が適切とはいえないでしょう。さらに、ペットボトルで使われるプラスチックの特性として、時間の経過とともに臭いなどが付きやすいということがあげられます。そのため、ミネラルウォーターの近くに臭いがあるものを置いておくと、香りが水に移ってしまうこともあります。ミネラルウォーターの中身の賞味期限というよりも、ペットボトルの劣化等を考慮して賞味期限が設定されているようです。

開封後は賞味期限に関わらず早めに飲み切ろう

未開封で保管状態も良好であれば、ミネラルウォーターは長期間安心して使用できるものです。しかし、一旦開封してしまうと空気に触れてしまいますし、雑菌なども入ってしまう可能性があります。そのため、一旦開封してしまったミネラルウォーターは冷蔵庫に保管し、早めに使いきってしまうことをお勧めします。

さらにミネラルウォーターは多少賞味期限が過ぎても、品質には問題がない可能性が高いのですが、賞味期限をかなり経過してしまっていたら、やはり開封後は早めに使いきりましょう。念のため、大量に利用する前に少しだけ味見をして、不快な臭いや味に変化がないかを確認するとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…
ページ上部へ戻る