天然水の定義とは?いつから存在しているの?

天然水の定義とは?いつから存在しているの?

コンビニやドラッグストアなどでよくミネラルウォーターを見かけます。しかし、商品によって「ミネラルウォーター」と書いてあるものから、「天然水」と書いてあるものまでさまざまです。
人によってはどちらも「ただの水」かもしれませんが、実は「ミネラルウォーター」と「天然水」には国が制定した基準で違いがあるために、わざと表記をわけている場合があります。”

天然水の定義は決められていない

天然水の定義とは?いつから存在しているの?
天然水というと、「地下水や湧き水などから採取した水を特に加工せずにそのままの状態で販売されている水」というイメージを持っているかたもおられるのではないでしょうか。しかし、実は天然水の定義には厳密な規定があるわけではありません。一般的に天然水と言われているのは、地下水等の特定の水源を原水として採取された水を飲料水にする際にろ過、沈殿、加熱殺菌だけで処理している水のことを指します。ただし、商品を販売する上である程度の線引きを行っていないと悪徳業者に悪用される恐れがあるため、農林水産省が1990年にガイドラインを制定しました。
このガイドラインによると、主に天然水として区分されるのは「ナチュラルウォーター」と「ナチュラルミネラルウォーター」です。前者は地下水を原水とする水で、沈殿、ろ過、加熱殺菌以外の処理をしないものであるのに対して、後者は地下水を原水とした水にミネラル成分が溶け込んだ水で化学的、物理的な処理をしないものとして分類されます。後者の名前の中に「ミネラルウォーター」という文字が含まれているので、少しややこしいかもしれませんが、簡単に言えば地下水を原水とした特に処理をされていない自然な水ということです。

ミネラルウォーターは何種類あるの?

天然水の定義とは?いつから存在しているの?
天然水と同様に「ミネラルウォーター」にも農林水産省が定めたガイドラインが制定されています。それによるとミネラルウォーターとは、ミネラル成分を含んだ地下水を人工的に沈殿、ろ過、殺菌などの処理をするだけでなく、複数のミネラルウォーターの調合やオゾン殺菌などといった処理を施したもので、1種類です。
誤解されている人もおられるかと思いますが、カルシウムやマグネシウムといったミネラル分が多い水だから「ミネラルウォーター」という名前が付けられているわけではありません。あくまでミネラル分を含んだ地下水に対して化学的、物理的な処理を施した水のことです。ただし、安全に飲める水であるかどうかについては、厚生労働省が「食品製造用水、ミネラルウォーター類の水質基準」を設定していますので、亜鉛や水銀などといった人体に有害な物質については当然一定基準以下であることが義務付けられています。その他にも味や臭い、PH値などの条件を満たしたものが「ミネラルウォーター類」として認定されるのです。この厚生労働省が発表している成分規格については、ミネラルウォーターが単なる飲み物ではなく、生活水としても浸透してきていることや、古くからの原水基準との比較が難しくなってきていることから、平成26年に実情にあうように改正されています。

天然水とミネラルウォーターの違いってなに?

ここまで述べてきたように、天然水とミネラルウォーターにはそれぞれ定義と呼べるものはありません。では、天然水とミネラルウォーターの違いは何でしょう?
簡単にいうと、地下水そのままを飲める状態にして販売しているのが「天然水」であるのに対して、複数のミネラルウォーターを調合することや、オゾン殺菌などの加工をしたものが「ミネラルウォーター」であると言えます。気づいた方もいるかもしれませんが、天然水に分類される「ナチュラルミネラルウォーター」と「ミネラルウォーター」は共にミネラルを含んだ地下水という点では全く一緒です。その後の処理の仕方が異なるために、「天然水」と「ミネラルウォーター」で分類されています。また、農林水産省のガイドラインによる分類と商品名は必ずしも一致しているとは限らないので、場合によっては「天然水」に分類される水が商品になると「ミネラルウォーター」として売っていることがありますし、その逆もありえます。
このような状態だと、自分が買った商品がどっちに分類されるのか気になるかもしれませんが、どちらの場合でも安全基準を満たした美味しい水には変わりありません。「天然水」や「ミネラルウォーター」といった分類ではなく、自分の好みで商品を選んでみるのが良いのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…
ページ上部へ戻る