日本の水は安全!なぜ海外の水は危ないの?

日本の水は安全!なぜ海外の水は危ないの?

私達が生きる上で欠かせない水。水なしでは健康を維持するのは不可能と言っても過言ではありません。
日本の水は安全で綺麗と言われ、水といえば私達日本人は透明で清らかなものをイメージするのではないでしょうか。でも、海外にはそうでない国がたくさんあります。日本のように水道水を安全に飲むことができる国はそれほど多くはないのです。

水道水が飲める国は少ない

日本の水は安全!なぜ海外の水は危ないの?
世界には196ヵ国というたくさんの数の国がありますが、水道水を飲むことができ、かつその安全が保証されている国はわずか15ヵ国だと言われています。フィンランド、スウェーデン、アイスランド、アイルランド、ドイツ、オーストリア、クロアチア、スロベニア、アラブ首長国連邦、南アフリカ、モザンビーク、レソト、オーストリア、ニュージーランド、そして日本です。
水道水の安全性についてもっとも安定しているのはヨーロッパ。アルプスの澄んだイメージからも納得できますね。水質は硬質が多く日本人には馴染みにくくはありますが、特にアイスランドの水は綺麗で、しかも寒い気候の地域のためよく冷えていて美味しいと感じる人が多いようです。
一方、アジア諸国では水道水が飲める国はたったの2ヵ国。日本とアラブ首長国連邦だけです。
そして、意外なのがアフリカの3ヵ国。水事情が劣悪な印象のあるアフリカですが、南アフリカとその周辺国であるモザンビークとレソトでは水道水を飲むことができます。
ニュージーランドではサザンアルプスの雪解け水を水道水に利用しています。
以上のように、蛇口をひねれば飲み水が出てくるのが当たり前という国は本当に少ないのです。

海外は上下水道が整備されていない

日本の水は安全!なぜ海外の水は危ないの?
海外の水が安全でない理由として、上下水道がきちんと整備されていないというのが挙げられます。
まず、日本の水道の普及率は世界でも最高レベルの水準で、98%ほど。その上、浄水場から蛇口までの水漏れの割合である漏水率はなんと3%ほどといいます。アジアの主要都市の漏水率の平均は30%なので、日本の水道がいかに優秀かが分かりますね。
しかし、その30%というのも良いほうで、世界には水道設備の開発が遅れている地域がたくさんあります。そのような国では飲み水としてミネラルウォーターを購入することになりますが、そのことが開発を遅らせている理由のうちの一つでもあります。水道のインフラを整備するよりもミネラルウォーターを利用するほうがコストがかからないためです。
また、下水道の普及率は上水道よりも低くなり、過半数を超えている国も少ないのが現状です。汚水や雨水を運んで浄化する役割を担う設備がない発展途上国などでは下水処理がまったく為されず、町や川には汚水が溢れて悪臭や伝染病を引き起こしています。そのようなリスクを低減するのは世界の国々での急務なのですが、なかなか進まず大きな問題となっています。

日本の水は安全!それでもそのまま飲むのは…

日本の水道水は海外に比べて安全に飲めるということは先ほども書きましたが、本当に蛇口から出たものをそのまま口へ運んでも良いものなのでしょうか?
日本の水道水は本当に綺麗です。人によってはカルキのにおいがすると感じるほどで、それはしっかりと殺菌が為されているということを意味しています。
しかし、どんなに安全な水でも、家庭に届くまでの水道管が錆びていたり、マンションの貯水タンクが汚れたりしていては意味がありません。また、残留塩素もまったくないとは言いきれません。残留塩素には、肌の保湿力を低下させたり、アトピー症状を悪化させたりするという健康への弊害があります。そのため、水道水は一度沸騰させてから飲むことをおすすめします。
とはいえ、この水道水を沸騰させるという行為も実は危険で、トリハロメタンという発がん性物質を発生させると言われています。健康上影響があるほどの数値ではないと言われているので過剰な反応は不要ですが、トリハロメタンは煮沸を続けることによって消滅しますので、心配な場合は10~20分ほど沸かすと良いでしょう。
その他に、水道水を美味しく飲むには木炭や竹炭を入れるという方法もあります。入れたまま一晩置くとカルキが抜ける他、水にミネラルを含ませてくれるという効果もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…
ページ上部へ戻る