水道水は赤ちゃんに飲ませて平気?

水道水は赤ちゃんに飲ませて平気?

日本の水道水は、海外のものと比べて安全性が高いことで有名です。しかしながら、「赤ちゃんに水道水を飲ませても安全なのだろうか」と、心配する人もいるでしょう。
はたして、赤ちゃんに水道水をそのまま飲ませても大丈夫なのでしょうか。大丈夫だとしたら、より安全性を高めるための工夫の仕方はあるのでしょうか。順番に説明していきます。

水道水はいつから飲ませられる?

水道水は赤ちゃんに飲ませて平気?
赤ちゃんは母乳やミルクなどで水分を補給できるため、基本的には水道水を飲ませる必要はありません。水を飲ませるのが絶対にいけないというわけではないものの、腸内機能が未発達のうちから水を飲ませていると、下痢などのトラブルを引き起こす原因となります。母乳やミルクの量が足りないときや、医師から水分補給をさせるようにという指示が出たときを除き、早いうちから水を飲ませることはおすすめできません。赤ちゃんに水を飲ませても問題ないのは、腸内機能が整ってくる生後6カ月目以降と言われています。一般に、生後6カ月頃になると、離乳食に切り替えていくことが多いです。離乳食を食べ始めるということは、母乳やミルクに含まれていない成分も、体内に取り込むようになるということです。ですので、そのくらいの時期であれば、水道水も受け入れやすい身体になっているでしょう。ただし、同じ日本であっても地域によって、水道水の質は異なります。もしお住まいの地域の水道水の質に不安を覚えるのであれば、1歳になるまでは様子を見たほうがいいかもしれません。

赤ちゃんに安全に飲んでもらうには

水道水は赤ちゃんに飲ませて平気?
生後6カ月目以降なら水道水を飲ませていいと言われてはいるものの、そのままの水道水を飲ませることに、なんとなく不安を抱えている人もいるでしょう。そんな人のために、水道水の安全性を高める方法を2つ紹介します。1つ目は、沸騰させるという方法です。水道水には塩素やカルキが含まれていますが、沸騰させることで除去することが可能です。水道水を沸騰させるときは、10分以上沸騰させ続けましょう。なぜ10分以上なのかと言うと、中途半端に沸騰させると発がん性物質が増加するため、かえって危険だからです。沸騰が終わったら、人肌くらいの温度まで冷ましてから飲ませてあげましょう。この方法だと消化や吸収がスムーズに進むため、胃腸に負担をかける心配がありません。ただし保存は効かないので、その都度新しい水道水を沸騰させる必要があります。もう1つの方法は、水道水にレモンを加えるという方法です。レモンには酸化作用があるため、水道水に含まれる塩素を除去する効果が期待できます。ただしこの方法は、離乳食中期以降になってから実行してください。

不安ならウォーターサーバーがおすすめ!

それでも心配という人には、ウォーターサーバーを設置することをおすすめします。ウォーターサーバーとは、専用のボトルを設置するだけで、安全な水が使用できるようになる給水器です。かつては業務用として用いられることが多かったですが、現在は多くの家庭で使用されるようになりました。もちろん水道水に比べるとコストはかかりますが、それで大切な赤ちゃんの安全が守られるのであれば、設置する価値はあるのではないでしょうか。水道水を沸騰させたり、レモンを入れたりといった手間が苦痛でない人は、ウォーターサーバーがなくても問題ないかもしれませんが、育児というのは非常にハードな仕事です。毎日のことですから、ウォーターサーバーに頼ることで、少しでも育児の負担を軽減してみてはいかがでしょうか。また、赤ちゃんのうちからウォーターサーバーを導入しておくと、数年後赤ちゃんが大きくなってジュースを飲むような年齢になっても、「水が美味しいから」と、ジュースをあまり飲まないという場合もあります。ウォーターサーバーを設置すると、このようにさまざまなメリットがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…
ページ上部へ戻る