水道代が高かった…節約するためのポイントは?

水道代が高かった…節約するためのポイントは?

電気、水道、ガスは生活するうえで欠かせないものですが、どれもうっかりしていると、なんだか今月は料金が高いな。ということになりがちです。これらは少しの工夫で料金を節約できることがあります。
普段当たり前のように使用していた方法を少し見直すことで、節約できたらうれしいものです。水道代は特に無駄使いになりやすいので、節約の方法について考えてみましょう。

お風呂の残り湯を賢く使う方法

水道代が高かった…節約するためのポイントは?
水道代に劇的な変化をもたらす可能性があるのはお風呂の残り湯です。なぜなら、浴槽にいっぱいお湯を入れますので一度のお風呂でけっこうな量になるからです。普通の家庭で使っている浴槽にお湯をはる場合には約200リットル必要といわれています。お風呂のあとにそのまま捨ててしまうのはもったいないことです。これを洗濯に利用するのが賢い方法といえます。洗濯も大量の水を使いますので、一部をお風呂の残り湯で代用できれば、けっこうな節約になるでしょう。洗剤を販売しているライオンの調べによると、残り湯を洗濯で洗うときに使えば、1カ月の節水量は約1,800Lになるそうです。これは、水道代に置き換えると1カ月で約440円の節約につながるのです。さらに、残り湯は次の日の朝でも25℃くらいの温度をキープしています。よく洗濯物の汚れを落とすためにお湯で洗濯することもありますが、わざわざ新しくお湯を出す必要もなく、残り湯の活用で洗濯物の汚れも落ちるというメリットがあるのです。残り湯を洗濯に活用することは水道代の節約と、汚れにも効くという2つの嬉しい効果が期待できます。(参照URLhttps://lidea.today/articles/80)

節水を意識した食器の洗い方

水道代が高かった…節約するためのポイントは?
毎日の食器洗い、面倒に思う方も多いのではないでしょうか。そのため、早く終わらせようと水道を流しっぱなしにしたまま、次々と洗っている。そんなやり方をしていると時間がかかるだけでなく、水道代が気付けば高くなっていたということになりかねません。食器洗いの方法を見直すことで水道代の節約につながり、かつ短時間で食器洗いが終われば一石二鳥です。まず普段の洗い方を意識することから節約が始まるのです。油汚れのひどいフライパンや食器は汚れが他の食器につかないように分けて汚れをふきとっておきます。この手間をかけることで、洗うときの水が少なく済みます。また、汚れた食器を重ねると汚れの範囲が広がってしまうので気をつけましょう。さらにおすすめなのは、つけおき洗いです。桶にお湯を入れて、食器をつけておいてから洗うと汚れが落ちやすく時短になるでしょう。最後のすすぎは油汚れのものと、そうでない食器はまとめて一気に行いましょう。汚れの度合いが違うものをこのように事前に処理しないまま一枚ずつ洗ってしまうと、その間水がずっと流れていますので、水道代の無駄につながります。

ウォーターサーバーならもっと節約できる?!

家庭で少し工夫をすれば、水道代は十分に節約可能です。節約は毎日の積み重ねですから、今まで慣れてしまっていたやり方から意識をかえてみることがとても大切です。トイレや、洗面所など水を使う場所はとても多いため、さらに水道代を節約できるように工夫できる余地はあるのではないでしょうか。また、水の利用は生活用水だけにとどまらず、普段水を飲んだり、お茶やコーヒー、小さな子どもがいる家庭ではミルクを作ったりすることもあるでしょう。人の体に直接影響する飲料水は安全であることが大切です。そのため、ペットボトルのミネラルウォーターやウォーターサーバーなどを設置している家庭も多いのではないでしょうか。ウォーターサーバーは、冷水だけでなく、お湯もすぐに出てくるために、普段使いには重宝します。水道の蛇口のようにひねったら大量の水がでてくるわけではないので、必要な水の量だけを、その都度必要なだけ取り出すことができますので、節水につながります。さらに、自宅に長い間いる方が多い家庭では、お茶やコーヒーのためにその都度お湯を沸かす必要もありませんので、水道代だけでなくガス代や電気代の節約にもなるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…
ページ上部へ戻る