1人が1日あたりに使う水の量はどれくらい?

1人が1日あたりに使う水の量はどれくらい?

地球は水の惑星と言われていますが、そのほとんどが海水で、そのままでは飲み水としては利用できません。淡水は地球にある水のわずか約2.5%であり、その淡水も大部分が氷河や深い地層にある地下水で、私たちが飲み水としている河川や浅い地層にある地下水は地球の水全体の約0.01%程度しかありません。
そのように貴重な淡水ですが、現在の日本では蛇口をひねればすぐに使用することができます。では、日本人は1人1日どのくらいの水の量を使っているのでしょうか?世界の水事情とも比較し、日本人の水の使い方について改めて考えてみましょう。

1カ月あたりの水の使用量はどれくらい?

1人が1日あたりに使う水の量はどれくらい?
東京都水道局のホームページによると、2014年度に東京都で使われた水の使用量は、1日平均408万立方メートルになり、そのうち約70%が家庭で使われています。2012年度調べでは、1人世帯の家庭の場合、1カ月あたり8.0立方メートル使用したという結果が出ています。4人世帯では25.1立方メートル、6人以上だと35.4立方メートル使用しています。これらをすべて平均すると、1人あたりが1日に使う量の水はおよそ220リットルであり、これは水資源に恵まれた国である日本だからこその贅沢な水の使用量であると言えるでしょう。
また、国土交通省のホームページによると、世界の人口60億人とすると、「約12億人が安全な飲料水を得ることができない」、「24億人が下水道等の衛生施設を持っていない」、「年間約200万人の子供が水に由来する病気で死亡している」と発表しています。さらに国際社会での河川は複数の国の間を流れていることが多く、水の問題は国家間の紛争の原因となることもあります。「20世紀は石油紛争の時代だったが、21世紀は水紛争の時代になる」と元世界銀行副総裁のセラゲルディン氏が言うように、世界では水資源はかなり重要な問題になっているというのが現状です。
国際社会と比較すると今の日本の豊富な水資源に感謝し、普段から節水を心がけたいものですね。

水の使用量を減らすにはどうすればいい?

1人が1日あたりに使う水の量はどれくらい?
では、節水を心がけ、水の使用量を効果的に減らすにはどうしたらいいのでしょうか?
日本の水道水の場合、洗面・手洗いを1分間流しっぱなしにした場合は約 12リットル、歯みがきを30秒間流しっぱなしにした場合は約 6リットル、食器洗いを5分間流しっぱなしにした場合は約 60リットル、洗車で水を流しっぱなしにした場合約 90リットル、シャワーを3分間流しっぱなしにした場合は約 36リットルが消費されます。まずは、これらの「流しっぱなし」という行為を止めてみましょう。小まめに水道水を止めながら、あまり勢い良く水を出しすぎない心がけが節水に繋がります。家族全員で呼びかけながら協力し合うことで、かなりの節水を実行することができます。
また、「お風呂の残り湯などは洗濯や洗車などに使う」、「お米のとぎ汁は掃除や植物の水やりに使う」などの水の再利用という面からも少し考えてみましょう。水道水から出した水はすぐに捨ててしまうのではなく、二次的に利用をすればかなり効果的な節水ができそうです。
しかし、ついつい節水の気持ちを忘れてしまうという方は、「シャワーヘッドを節水用のものに交換する」、「蛇口のコマを節水コマに変更する」などの見えない部分の節水も有効です。また、食器洗いも「節水型の食器洗い機を利用する」、洗濯機は「渦潮方式からドラム式洗濯機に変更する」など、家電製品も節水型のものを選ぶといいでしょう。

節水にも役立つのがウォーターサーバー

ウォーターサーバーを利用することで、節水に役立つこともあります。
日常生活で何も気にせずに水道水を使っていると、ついうっかりと水を出しっぱなしにしてしまった!ということや、温かい飲み物を作るために毎回ポットに必要以上の水を入れて沸かしているという方もいるでしょう。ウォーターサーバーがあればそのようなムダが少なくなります。その理由は、ウォーターサーバーの透明ボトルに入っている水の減りは目に見えるため、水道水よりも水の減りに対する意識が敏感になるからです。そのため、水をムダに消費することなく必要な量のみを出して使おうとする節水意識が高くなってきます。
他にも熱湯が直接出るウォーターサーバーの場合、ポットややかんでの湯沸しと違って、使う分だけのお湯の量を出せばいいという利点もあります。カップ1杯分のお茶を飲みたいなら、カップ1杯以上のお湯を沸かす必要がないため、節水に繋がるのです。
このように節水意識を高めるという面で優れたウォーターサーバーの水ですが、ダムの水の枯渇や災害などで水道水の節水が呼びかけられた場合、確実に衛生的で安全な飲み水を確保できるというのは、大きな利点だと言えるでしょう。
(参照:水をもっと知ろうHPhttp://www.aquas5.jp/100)
(参照:東京都水道局HPhttps://www.waterworks.metro.tokyo.jp/faq/qa-14.html
(参照:国土交通省HP
http://www.mlit.go.jp/common/001020285.pdf#search=%27%E6%B0%B4%E3%81%AE%E4%BD%BF%E7%94%A8%E9%87%8F+%E6%B5%B7%E5%A4%96%27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…
ページ上部へ戻る