炭酸水で洗顔しよう!効果と注意点とは

炭酸水で洗顔しよう!効果と注意点とは

美容に良いことで最近注目を浴びている炭酸水。炭酸水そのままを使ったスキンケア洗顔も有名で、実践している方が急増しています。しかし、ただやみくもに炭酸水で顔を洗えばいいという訳ではありません。
では実際にどうすればいいのでしょう?炭酸水洗顔の正しいやり方や効果をしっかり知って、美しい肌を手に入れましょう。

炭酸水で洗顔する効果は?

炭酸水で洗顔しよう!効果と注意点とは
炭酸水とは文字どおり炭酸入りの水のことで、シュワシュワと発泡しているのが特徴です。そのため、炭酸水を使って洗顔すると肌がスッキリする他、弾ける泡によるマッサージ効果が期待できます。それだけでリフレッシュできて魅力的ですが、炭酸水洗顔が良いとされるにはきちんとした理由があります。
まず、炭酸には毛細血管を広げて血行を促進させる力があります。皮脂や汚れと結びつきやすいという特徴もあるので、皮脂やメイクによる汚れなども落としやすくなります。そのため、炭酸水での洗顔は、毛穴の奥まで汚れをしっかり落として毛穴を引き締めてくれるという嬉しい効果を得られるのです。
また、炭酸水は「角質を溶かす」と言われているように古い角質を柔らかくしてくれるので、肌のくすみも和らぎます。
炭酸水の効果をより実感したいのならば、軟水が使われているものを選びましょう。理由は単純。洗顔に適しているのが、硬水より軟水だからです。発泡のあるミネラルウォーターなどの高価なものは洗顔にはあまり向きません。穏やかなものを使うように心掛けましょう。

注意しなければいけない点もある

炭酸水で洗顔しよう!効果と注意点とは
炭酸水洗顔を行うにあたってまず注意しなければならないのは、肌のタイプです。炭酸水はすべての肌に合うわけではなく、向いている人と向いていない人がいます。
炭酸水での洗顔に向いているのは、オイリー肌で汚れがたまりやすいタイプの人。特にニキビができやすい肌質の人におすすめです。毛穴の奥までしっかり皮脂汚れを落とすので、ニキビ予防にも適しています。
一方、乾燥肌タイプや敏感肌タイプの人は要注意。もともと炭酸水は弱酸性で肌に優しいのですが、発泡による刺激が強く出ることがあります。微炭酸の炭酸水を使う、水で薄めるなどの工夫が必要です。使う回数も減らしましょう。それでも赤くなったりヒリヒリしたりなどの異常を感じたら、すぐに炭酸水の使用をやめましょう。
また、炭酸水使用時のダブル洗顔はおすすめできません。1回の洗顔でしっかりと皮脂が取れるので、2回洗うと洗いすぎてしまうのです。洗顔料のように洗いすぎを防ぐ成分は入っていないため、気をつけましょう。洗顔料を使いたい場合は炭酸水で洗顔料を溶かして洗うと良いですよ。

体の中から美肌を手に入れるには?炭酸水の洗顔以外にやるべきこと

美肌といえば、つい化粧品のような外側からのケアに意識が向きがちですが、本当の美肌を手に入れるには体の中から美しくならなければなりません。そのためには、やはり口から摂取するものに気を配る必要があります。
効果的なのは、「美肌ホルモン」と呼ばれるエストロゲンの摂取。エストロゲンには肌の水分量を調節してコラーゲンを増やしてくれる作用があります。納豆、きな粉、味噌などの大豆食品に多く含まれるので、積極的に食べるようにしましょう。
また、意識して水を飲むことも大切です。飲み水は「究極の化粧水」と言われているのをご存じですか?1日に1.5~2リットルを6~8回に分けて飲みましょう。夏はキンキンに冷えた物を飲みたくなりますが、常温がベストです。
特にミネラルウォーターには代謝を促して老廃物を排出するというデトックス効果があります。日本人は軟水に馴染みがありますが、美肌には浸透や給水性の高い硬水もおすすめ。朝起きてすぐに飲むと老廃物の排出をスムーズにしてくれます。ただし、硬水はミネラル成分が高いので飲み過ぎないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…
ページ上部へ戻る