どこがベストポジション?ウォーターサーバーの置き場所

11.どこがベストポジション?ウォーターサーバーの置き場所

いつでも美味しい水が飲める、自宅に1台あるととても便利なウォーターサーバーですが、置き場所をどこにしようか悩む人も多いのではないでしょうか。1人暮らしや、共働きの夫婦、大家族など、家族構成や家族全体の年齢層によっても置き場所は変わってきますし、一戸建て、マンションなど家のスタイルや広さも様々ですので、ベストな置き場所はその家々の生活スタイルによっても違ってくるでしょう。ウォーターサーバーは、取替え用のボトルの保管場所も必要ですし、ある程度の設置スペースが必要です。一度置き場所を決めてしまうと再度移動するのも億劫になってしまいますので、最初に置き場所を決めておくとよいでしょう。

料理にもすぐ使える!キッチン

ウォーターサーバーはまずキッチンに!と考える人も少なくないでしょう。キッチンにいる時間が一番長いのは主婦ですよね。料理をするときも、手が届くところにウォーターサーバーがあれば、とても便利でしょう。お湯が必要になったときにも、ウォーターサーバーがあるとすぐに熱いお湯が出てきますので、家事に忙しい主婦の方にとって料理の時間短縮に繋がるのが嬉しいポイントです。キッチンを置き場所にするときの注意点として、ウォーターサーバーは熱を発する機器の近くには設置しないようにしましょう。ウォーターサーバーに熱が篭ってしまうと雑菌が繁殖する原因になってしまうこともあります。冷蔵庫や電子レンジ、コンロなどの近くなどは避けたほうがよいでしょう。また、置き場所は壁から少し離して、コンセントが近くにあるところに設置しましょう。キッチンを置き場所にしたい人は多いかもしれませんが、置いてもキッチンでの料理や作業の邪魔にならない十分なスペースがあるか、確認する必要があります。

ゲストも気軽に手を伸ばせる!リビング

リビングにウォーターサーバーを置くことを検討している人もいるでしょう。リビングはスペースが広いため、ウォーターサーバーを隅に置いたとしてもそれほど圧迫感はないかもしれません。さらに、家族や友人が集まるときはリビングを利用することが多くありますよね。すぐに手を伸ばせば、水やお湯が出ますので、お茶やコーヒーなどを飲むときにもわざわざキッチンに取りに行かなくてもよいのが便利です。人が集まる場所のため、リビングが家の中で一番日当たりが良い部屋であることも多いでしょう。ウォーターサーバーをリビングに設置するときに注意しておきたいことは、窓の近くなど直射日光があたる場所は避けることです。故障の原因になることがあります。また、エアコンなどの暖房で温まりすぎてしまうと冷却するために余計な電気代がかかることもあります。

就寝前、起床後に摂りたいなら、ベッドルーム

朝起きてからすぐに水を飲むと健康に良いと言われていますし、夏の夜に暑さで喉が渇き、夜中に急に目が覚めたときなどにもすぐに手が届くところにウォーターサーバーがあれば便利でしょう。さらに、キッチンやリビングに置き場所がない、という場合にはウォーターサーバーをベッドルームに置くことも検討してみてもよいかもしれません。年配の方であればリビングよりもベッドルームにいる時間が長い人もいるかもしれません。特に体調が優れないときは、ベッドルームで薬を飲んだり、食事をしたりするときにも近くにウォーターサーバーがあれば便利でしょう。また、赤ちゃんのいる家庭でもミルクを作るときに便利です。ベッドルームにウォーターサーバーを置くときの注意点としては、スペースの問題で壁に密着するように設置してしまうと、運転時の音が少し気になるかもしれないことです。ほこりなども溜まりやすくなり、衛生面でも少し問題があるでしょう。さらに、換気不足で湿気が多いベッドルームであれば、雑菌などが繁殖しやすくなりますので気をつけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…
ページ上部へ戻る