家庭用浄水器の水で熱帯魚は育てられるか?

4

家庭で熱帯魚を飼っている人にとって、水を交換する作業は大変です。家庭用の浄水器を設置し、そのまま蛇口から直接水槽に水を入れても大丈夫なのであれば助かりますが、どうなのでしょう?水道水もしくは家庭用浄水器の水で熱帯魚を育てることは可能かどうか、ご紹介します。

熱帯魚に適した水とはどんな水?

熱帯魚を飼う場合に一番気を付けるべきことは水作りです。熱帯魚にとって水槽の中の水は生きる環境そのものです。人間で言えば、飲み水と空気にあたるものですから、適切なものでなければ熱帯魚はまいってしまいます。つまり、熱帯魚にとって水は一番大事なものなのです。
熱帯魚は、中性から弱酸性の水質を好むものが多いです。例えば、多くの熱帯魚の源であるアマゾン川の水は弱酸性です。そのため、ネオンテトラなど多くの種類の熱帯魚は弱酸性から中性程度の水質を好むのです。もちろん、熱帯魚の種類によって多少の違いはあり、アフリカ産の魚などの中には弱アルカリ性を好むものもいます。
また、飼育を始めたら魚のフンで水が汚れていきますので、これをきれいにすることも必要です。汚れた水は熱帯魚の飼育には適しません。汚れを除去するためには、濾過フィルターを水槽に付けるのが一般的でしょう。また、濾過装置ですべてが除去できるわけではありませんので、市販のバクテリアの分解能力を借りるのも有効でしょう。

浄水器の水は熱帯魚を育てられる場合もある?

水道水で熱帯魚を飼うのはよくないということを知っている人は多いですが、家庭用の浄水器を付けた水なら大丈夫なのではと考える人もいるでしょう。水を数日汲み置きし、それから水槽に水を移す作業は大変です。できることなら浄水器がついている蛇口から直接水槽に水を入れたいと思うものです。
しかし、浄水器の水で熱帯魚を育てるのはおすすめしません。種類や環境によっては、浄水器の水で育つ熱帯魚もいる可能性はありますが、家庭用の浄水器には浄水機能の限界がありますので過信してはいけないのです。家庭用の浄水器を使うことによって、塩素濃度がゼロになったり不純物がゼロになったりするわけではありません。
水道法によって、衛生上の理由から塩素の量がゼロになってはいけないとされています。もちろん、そのレベルは人体にはまったく影響がないのは言うまでもありませんが、体が小さい熱帯魚にとっては微量な成分でも大きな影響がある可能性が高いです。

絶対に使ってはいけない水、水に含まれる成分とは

一般的には水道水をそのまま水槽に入れて熱帯魚を飼うのは厳禁といわれています。確かにすぐに熱帯魚は死んでしまうでしょう。しかし、それは水道水が熱帯魚の飼育に適していないことを意味するわけではありません。水道水に含まれる一部の成分が熱帯魚にとってよくないのです。具体的には塩素です。塩素は殺菌効果があります。塩素が含まれている水は熱帯魚の飼育には使用してはいけないことをよく理解しておくといいでしょう。それがわかれば熱帯魚の水づくりを楽しめるはずです。
水道水でも、ある程度の手間をかければ塩素抜きはできます。例えば、一昼夜汲み置きすることによっても塩素を抜くことができますし、市販の塩素中和剤を使えばあっという間に塩素が中和されて無害になります。こういった手間さえかければ、水道水でも熱帯魚の飼育に使えるようになるのです。それは浄水器の水でも同じです。微量とはいえ塩素がはいっていますので中和剤等の処置はした方がいいでしょう。
熱帯魚の飼育は手間がかかりますが、小さいながらも生き物を育てることになるわけですから、しっかり面倒を見てあげる責任があります。その責任を果たすことで鑑賞して楽しむというご褒美がもらえるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…
ページ上部へ戻る