硬水での洗顔やシャワーが手荒れや肌荒れを引き起こす!

9

日本の水道水は軟水であることは有名ですよね。一方で海外には生活用水が硬水の国もあります。硬水と軟水は成分が違うため、肌に与える影響も異なります。硬水で洗顔やシャワーを行うと、手荒れや肌荒れを引き起こす場合があるのです。
今回は硬水が肌に与える影響や、硬水を使う場合のケアなどについて紹介します。

硬水の成分は肌に優しくない

硬水で洗顔やシャワーをすると肌が荒れることがあります。それは硬水にはカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが含まれているからです。硬水の中のミネラルは、石鹸の成分と化学反応を起こします。その結果、脂肪酸カルシウムなどの石鹸カスと呼ばれる物質が作られてしまうのです。石鹸カスが肌に付着すると、つっぱり感が生じます。また肌が乾燥しやすくなり、かさついた状態になってしまいます。その状態のまま放っておくと、石鹸カスが毛穴を防いで肌呼吸を阻害したり、細菌の養分になったりするので注意が必要です。このように硬水の成分は、肌トラブルの原因になる可能性があります。
また硬水は、軟水と比べると石鹸の泡立ちが非常に悪いです。石鹸が泡立つ前に化学反応により石鹸カスになってしまうからです。そのため何とか泡を立てようとして、肌を強く擦り過ぎてしまうことがあります。そうすると肌に大きな負荷を与えてしまい、手荒れや肌荒れの原因になるので注意しなければなりません。

生活用水が硬水なのは世界のどのエリア?

日本のように高くて険しい山が多い国は、軟水であることが多いといわれています。山の傾斜が急な場合、水がすぐに流れてしまうので、カルシウムやマグネシムなどのミネラルが溜まりにくいからです。同じように、水がすぐに海に流れ出る島国も軟水であることが多いと考えられています。
一方で、世界には生活用水が硬水であるエリアもあります。例えば、ヨーロッパの内陸部は硬水であるエリアが多いです。ヨーロッパの内陸部にも山岳地帯はありますが、傾斜が急な山は少ないからです。傾斜が緩やかだと、水が流れずに留まるため、ミネラルが溜まりやすくなってしまうのです。そのためドイツなどの内陸部の国では、生活用水に硬水が使われています。
同じ理由で、アメリカやカナダの内陸部も硬水であることが多いです。ただし内陸部であっても、他の要因によって軟水であるエリアもあります。例えば温泉地の場合は、内陸部でも軟水であるケースがよく見られます。アジアでも中国やインドなどは硬水のエリアが多いです。韓国や台湾は軟水ですが、アジア諸国は全体的に日本より硬度が高めです。

どうしても硬水しかない環境、どう肌をケアする?

生活用水が硬水である環境で生活する場合、洗顔やシャワーも硬水ですることになるでしょう。何も対策をしないと、慢性的な肌荒れになってしまう可能性が高いです。まずは、洗顔やシャワーの影響による肌の乾燥を防ぐことが先決です。それは化粧水や美容液を小まめに塗ることで予防できます。特に紫外線を多く浴びたときは、乾燥しやすくなるので多めに塗りましょう。
また、乾燥によって敏感肌になりやすくなるので、メイクをするときは肌に優しいオーガニック化粧品などを使用した方が良いです。スチーマーなどの美容グッズを活用するのも有効です。
一方で、手荒れや肌荒れの原因となる石鹸カスが生じにくい石鹸を選ぶことも大切です。植物性の脂肪酸が原料にしている石鹸がオススメです。化学反応を起こしにくい性質があるので、石鹸カスの付着を減らせます。汚れが少ない場合は石鹸を使用せずに水やお湯だけで洗っても良いでしょう。また硬水を軟水に近い状態に変えるシャワーヘッドも発売されているので活用してみてはいかがでしょうか。

関連記事:健康に良いのはどっち!?軟水と硬水が身体にもたらす影響とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…
ページ上部へ戻る