硬水だと洗剤の泡立ちが悪くなるって知っていましたか?

Stainless steel sink plug hole close up with water

水には硬水と軟水があることはよく知られていますよね。硬水と軟水は成分に違いがあります。健康や美容において異なる効果があるので、目的に応じて使い分けている人も多いのではないでしょうか。しかし洗剤の泡立ちにおいても、違いがあることを知っている人はそれほど多くないでしょう。硬水で洗濯すると泡立ちが良くないのです。今回は、洗剤にまつわる硬水の話を紹介します。

なぜ硬水だと洗剤が泡立たないの?

硬水で洗濯すると泡立ちが悪く、十分に洗浄できないことがあります。その原因は、硬水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラルです。これらが洗剤の成分と接触すると化学反応が起こり、カルシウム石鹸やマグネシウム石鹸と呼ばれる物質になります。これらは水に溶けない性質があり、洗濯物に付着したり、底に沈殿したりします。洗剤が洗濯物の汚れを分解する前に化学反応が起こってしまうため、泡立ちが悪くなってしまうのです。また、化学反応が起こる前に洗剤が汚れに作用したとしても、汚れに含まれるミネラルと反応して同じ状況になってしまうケースもあります。
硬水で洗濯するときに泡立ちを良くするには、化学反応で失われる洗剤の成分を考慮しなければなりません。軟水で洗濯する場合より、多めに洗剤を入れる必要があるのです。洗濯後の洗濯物にカルシウム石鹸やマグネシウム石鹸が付着していた場合は、クエン酸を入れた水で洗い流すと中和されて綺麗になります。

海外在住だと硬水が生活用水になるケースも

日本は軟水の地域が多く、海外は硬水が多いという話を聞いたことがあるのではないでしょうか。実際、日本の水道水は軟水で、売られているミネラルウォーターもほとんどが軟水です。一方で、海外の水は必ずしも硬水であるわけではありません。海外でもイギリスなどの島国は軟水である場合も多いのです。日本も島国ですよね。反対に、大陸の内地にある国は硬水であることが多いです。様々な環境条件などによって例外はありますが、一般的にはそのような傾向が見られます。
もし水道水が硬水である国に暮らす場合は、当然硬水が生活用水になるでしょう。そのような国でも、スーパーマーケットやドラッグストアなどで軟水を購入できる場合があります。しかし、生活に必要な全ての水を、軟水を購入してまかなうのは現実的ではありませんよね。やはり硬水を使って生活していくことを考える必要があります。特に日常的に行う洗濯では、硬水を使うことになるでしょう。
今では日本にいても世界各国の水を購入できます。もし移住する予定がある場合は、事前に購入してみて、日本の水との違いを体感してみると良いかもしれません。

豊かな泡立ちが期待できる硬水用洗剤がオススメ

硬水で洗濯する際、泡立ちを良くしたいなら硬水用洗剤を使うと良いでしょう。硬水用洗剤には中和効果のある成分が含まれているものが多いです。硬水のミネラルによって起こる化学反応を中和するためです。これにより硬水で洗濯しても泡立ちがよくなります。中和効果のある成分としてよく使われているのは炭酸塩です。炭酸塩はミネラルと反応して、硬水の硬度を下げます。また、硬水用洗剤は植物油脂を原料に使用しているものが多いです。動物油脂を原料とする洗剤より泡立ちが良いためです。
硬水の国では洗濯時に他の工夫も行われています。例えば、水温が高いと汚れが落ちやすくなるので、湯を使って洗濯することが多いです。また、泡立ちの悪い硬水の使用量を減らすために、叩き洗いで洗濯するドラム式洗濯機がよく使われています。その他にも、硬水の影響で洗濯物が硬くならないように柔軟剤を多めに入れるなど、様々な工夫がなされています。海外で洗濯する場合、硬水用洗剤と上記の方法の組み合わせを検討してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…
ページ上部へ戻る