キレイになるって本当?炭酸水で実際に洗顔してみた!

Jpeg

今はやりの炭酸美容、血行促進効果や代謝向上効果があると言われ、芸能人でも愛用者が多いことで有名です。炭酸パックや炭酸ヘッドスパ、炭酸美容液など炭酸を使った美容グッズも数多く発売されているので気になっている人も多いのではないでしょうか。そこで今回は炭酸水で実際に洗顔してみてどのような効果があったかをまとめてみました!

炭酸で血流アップと新陳代謝アップ効果に期待

炭酸には血流をアップさせる効果と汚れを落とす効果の2種類の効果があることが知られています。炭酸を肌に付けると、炭酸は水と比べて分子が小さいため肌の奥まで浸透して血管に到達します。すると血管内の二酸化炭素濃度が高まり、酸欠状態と同様の状態を作り出し、血流がアップします。このように血流がアップすることで二酸化炭素だけでなく血管内の老廃物も排出され、美肌や冷え性の改善に繋がると言われています。
一方炭酸にはタンパク質に吸着する性質があるため、肌についている皮脂や角質を落とす効果があります。この汚れを落とす性質により、毛穴の奥の汚れまでごっそり取り去って、高いピーリング効果が期待できます。

炭酸水で実際に洗顔してみよう!

Jpeg

Jpeg
では実際に炭酸水を使って洗顔していきたいと思います!今回使用する炭酸水はAsahiのウィルキンソンタンサンのBIGボトル(1L)を2本用意しました。一本は予備洗いと泡立てに使用し、もう一本を洗い流しに使用します。

洗顔方法
1.洗面器に炭酸水を1本入れる。
2.角質をしっかり落とすために顔を炭酸水に数秒浸す。
3.泡立てネットに洗顔料を取り、炭酸水をかけてよく泡立てる。
4.泡立てた泡を肌の上に乗せるようにして優しく洗う。
5.新しく入れ替えた炭酸水で泡をしっかり洗い流す。
6.タオルで優しく水分をふき取る。

炭酸水の血行を改善する効果は温かいお湯が効果的と言われていますが、今回はあえて買ってきたままの常温の状態で洗顔してみたいと思います。洗面器に炭酸水を入れてゆっくり顔をひたしていくと、下からの炭酸ガスで酸欠状態に。長く吸い込むと息苦しくなるほどなので注意が必要です。短時間でも息苦しさを感じるので、その場合は無理せず優しく顔をなでるように洗うだけでも良いのではないかと思います。この時点で想像していた刺激やピリピリした感じは全くなく、マイルドな肌触り。洗面器の中は皮脂や汚れでうっすら白濁しています。汚れを落とす効果は抜群のようですね。次にネットで洗顔料を泡立てます。もこもこの泡を期待していましたが水道水よりも泡立ちは少なく感じました。その分空気をたっぷり含んだ軽い泡立ちです。顔に泡を乗せて炭酸水で洗っていくと徐々に肌にヒリヒリと痛みを感じるように。あまり長時間炭酸水に触れると刺激を感じるようです。最後はタオルで水分を優しくふき取りました。

毛穴の中まですっきりすべすべ!驚きのつるすべ肌に

4
洗顔後は想像以上にお肌がツルツルしていて、毛穴の奥まですっきり。普段の洗顔に比べても爽快感が違います。顔が軽くなる感じですね。洗顔中は若干ヒリヒリとした刺激を感じていましたが、洗顔後は赤みもなく、痛みもありませんでした。皮脂を撮り過ぎることによる乾燥が心配でしたが思ったよりも乾燥やツッパリを感じることがありませんでした。ターンオーバーの正常化を助けるためにも週に1度のスペシャルケアとしておすすめです。薬剤を使ったピーリングよりも肌に負担が少なくすっきりと爽快な洗い上がりなので女性だけでなく男性にもお勧めの洗顔法です。

炭酸洗顔の注意点とは

炭酸水で洗顔をする場合、炭酸ガスを吸い込み過ぎると気分が悪くなってしまうこともあります。老廃物や角質をしっかり落とすために顔を付けるほうがよいと思いましたが、実際には顔を付けるのはかなり勇気のいる行為でした。予備洗いも優しく洗い流すぐらいで十分効果を得られるので無理をしないことが大切です。また、途中化から刺激を感じることもあったのでお肌の弱い人はすべて炭酸水で洗顔するのではなく、予備洗いの時だけ炭酸水を使用するなど使用頻度を減らして取り入れるのもいいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…
ページ上部へ戻る