水をより美味しく健康的に飲むために!ミネラルウォーターと浄水器の異なる役割

1_1

日本は水の豊かな国で、水道の蛇口を回せば簡単に安全な水が手に入ります。しかし、最近では、健康への関心の高まりから、より良い水を求めて浄水器やミネラルウォーターの需要が高まっています。しかし、なぜそれらが体に良いかはご存知ですか?その理由と両者の相違について解説していきます。

水道水とミネラルウォーターの水源と特徴

1_2
水道水はダムに貯められた水が、水道管を通って蛇口まで送られてきたものです。それでは、ダムの水はどこからやって来るのかといえば、その大半は河川を流れてきた水です。それ以外には、河川底の砂利層を流れる伏流水や地層を通る地下水なども混じり合っています。ただ、そのままの状態で飲むのは衛生上問題があるので、各家庭に届けられるまでに、何回もろ過と消毒を繰り返します。
一方、ミネラルウォーターは、自然が豊かで、きれいな湧水が出る地域の地下水をくみ上げたものです。具体的にどの地域でどのくらいの深さからくみ上げるかは、販売元のメーカーよってさまざまです。しかし、いずれにしても、地下水は、地表からの影響を受けにくいために水質がよく、また、鉱物と溶け合ってミネラルが豊富だという特徴があります。
この水に、ろ過と加熱殺菌のみを施したものをナチュラルウォーターと呼びます。そして、そこに人工的な殺菌処理と成分調整を追加したものが、ミネラルウォーターです。ちなみに、ボトルウォターというものもあり、これは、河川水や湧水など、地下水以外の水を加工して飲料水にしたものを指します。

参照サイト:水道水とミネラルウォーターの違いは?安全性や成分について調べてみた

日本の水道水の問題点と浄水器の必要性

1_3
浄水器は、蛇口から出た水をきれいにするための機器です。しかし、日本の水は世界的に見ても安全と言われているのに、何故そのようなものが必要なのでしょうか?その理由のひとつは、塩素の除去です。
日本の水が安全なのは、他国に比べて水質がきれいなのに加えて、消毒用の塩素を大量に投入しているからです。日本の法律では、水道水の残留塩素濃度を0.1ppm以上と定めています。ちなみに、他国を見てみると、アメリカ0.5ppm以下、ドイツ0.5ppm以下、フランス0.1ppm以下、オランダ0.2ppm以下などとなっています(1)。一見、他国に比べて高くも低くもないように思いますが、よく見ると、日本だけ以下ではなくて以上になっていることに気づきます。つまり、塩素濃度に関する上限規定がないのです。実際、水道水の塩素濃度を調べてみると1.0ppm以上の高濃度を記録する地域も珍しくありません(2)。これは世界的に見ても類のない高さです。当然、濃度が高すぎれば、塩素臭くなって水は不味くなります。そのため、多くの人が浄水器を使い、塩素を除去した美味しい水を手に入れようとしているのです。
また、塩素によって、水道水の殺菌は完璧だったとしても、設置から何十年もたった水道管の中は、サビだらけです。そのサビは微小な欠片となって水道水の中に混じり込んできます。さらに、塩素と有機物が結合して生成されるトリハロメタンは、発がん性があると言われています。これらの人体に悪影響を与えるかもしれない物質を取り除くのも、浄水器の役割です。

関連記事:市販のミネラルウォーターでは得られない!生活におけるウォーターサーバーの必要性 | WaterLife(ウォーターライフ)

ミネラルウォーターの種類と効果

地下から汲み取られたミネラルウォーターには、カルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウムなどの多くのミネラルが含まれています。ただ、ミネラルウォーターであれば、すべて同じようにミネラルが含まれているわけではありません。ミネラルウォーターにもミネラルの含有量が多いものと少ないものがあり、前者を硬水、後者を軟水と呼んでいます。その基準は水の硬度(カルシウム+マグネシウムの量)で線引きされますが、WHOの基準では、硬度120mg/L以上が硬水で、その数値未満であれば軟水とされています(3)。
ちなみに、日本の水は、ほとんどが軟水です。したがって、日本産のミネラルウォーターの場合、ミネラルの補給という意味では、大きな期待はできません。ただ、軟水は人体のミネラルバランスに近く、吸収しやすいというメリットがあります。その結果、肌が潤い、美肌効果が期待できます。一方、硬水の方は、マグネシウムが多く含まれ、便秘解消に効果的です。また、基礎代謝を高めてくれるので、ダイエットにもプラスに働くでしょう。その反面、過剰なミネラルが胃腸に負担をかけるので、飲みすぎるとよく眠れなかったり、下痢になったりする可能性があります。
健康や美容のためを考えると、普段は軟水を飲みつつ、必要に応じて、少しずつ硬水を試してみるのがよいのではないでしょうか。

引用URL
(1)echocia酵素、http://xn--pckq7979c38q.com/water2.html
(2)家中まるごと浄水器 社長とスタッフのブログ、http://www.etec.jp/blog/archives/3154
(3)オデコマート、http://odecomart.com/blog/health-mineralwater-hard-soft/

関連記事:オシャレでエコにも貢献!浄水タンブラーには魅力がいっぱい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…
ページ上部へ戻る