ミネラルウォーターの安全性は信じていいの!?日本における殺菌処理法とは

4_1

私たちが日常的に口にするミネラルウォーター。最近ではコンビニやスーパーでも数多く取り扱いがあり、その種類の多さにも圧倒されますよね。海外のおしゃれなボトルが特徴のミネラルウォーターから、日本各地の名水を原水とする国産のミネラルウォーターまで、いまやその種類は数百ともいわれています。そんなミネラルウォーター、本当に安全だと思いますか?しっかり滅菌処理はされているの?と、疑問に思えば思うほど不安になってしまうもの。今回は、そんなミネラルウォーターの安全性と、日本における殺菌処理の方法についてまとめてみました。

こんなに差があるの?!海外と日本のミネラルウォーター滅菌基準

4_2
海外と日本では、その滅菌基準に大きな違いがあるのをご存知でしょうか。まずヨーロッパのミネラルウォーターは、『殺菌しないことが義務付け』されているようです。殺菌しないその大きな理由は、水本来のミネラルや美味しさが殺菌処理する行程で損なわれてしまうと考えられているからだそうです。海外のミネラルウォーターは、大別して次のような基準を設けています。原水地から直接ボトルに入れ商品化して出荷するものを、「ナチュラルミネラルウォーター」と呼び、添加物が入っていない自然の水のことを差します。日本に輸入されているものは、厚生省(に準じる公的機関)による審査と承認が必須なのでご安心を。ミネラル分を一定量保持するので、ミネラルバランスがよいのが特徴です。一方で熱処理やろ過などの手を加えた水を、「プロセスド・ウォーター」と呼びます。日本の規格とは違う、独自の殺菌行程を経て商品化されています。では、日本における滅菌基準はどのようになっているのでしょうか。日本のミネラルウォーターは『殺菌する事が義務付け』られています。日本各地で採水された原水を、徹底した水質検査を経て詳しく分析していきます。それを経てから原水をフィルターにかけて、不純物を取り除きろ過・滅菌するのです。海外と日本では、「殺菌の義務化」という大きな違いがあるようです。

厚生労働省のガイドラインによると…?

4_3
では日本のミネラルウォーターにおける安全性とは、どこまで信頼がおけるものなのでしょうか。厚生労働省のガイドライン(参考:http://www.minekyo.jp/370.pdf)によると、一般的な細菌から、大腸菌・水銀・鉛・亜鉛という延べ18項目にも及ぶ成分を細別し、その水質に厳しい規定を設けています。これに加えて、その殺菌・滅菌方法、製造過程で使用する器具や容器にも国による一定の基準があるようです。そして、ろ過に使用するフィルターも「121度で15分間加熱処理したもの」というように基準が定められています。私たちが日常的に口にする日本のミネラルウォーターは、このような徹底した基準のもとに製造され、ガイドラインによってしっかりと数値化されています。このように微細な定義と基準が定められているので、安全性は高いと言えるのではないでしょうか。

参照サイト:これでもまだ水を買い続けますか?【前篇】 [節約] All About

種類別にみる、その殺菌方法とは

日本で販売されているミネラルウォーターは、主に以下の4種類に分類され、その殺菌方法も種類別に異なるのが特徴です。
「ナチュラルミネラルウォーター」は、ミネラルをもともと含む地下水を原水とした水で品質管理には最もこだわったものです。沈殿、ろ過、加熱殺菌をします。
「ナチュラルウォーター」は、特定の水源から採水された地下水を原水とした水で、中でも無機塩類の溶解が少ない原水を使用しています。この無機塩類とは、一般的にいうミネラルを差します。殺菌の方法はナチュラルミネラルウォーターと同じです。
「ミネラルウォーター 」は、ろ過・沈殿・加熱処理に加えて、紫外線やオゾンによる殺菌、除菌処理をします。この紫外線やオゾンによる殺菌とは、品質をより安定させるために行われるものです。
「ボトルドウォーター」は、純水、蒸留水、水道水など上記3つ以外の水のことをいいます。処理方法に制限はなく、大幅な改変を加えても良いとされています。
種類によって細かく殺菌方法も分けているとは、日本ならではと言えそうですね。

関連記事:硬水は赤ちゃんに飲ませても安全?避けるべき? | WaterLife(ウォーターライフ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…
ページ上部へ戻る