硬水と抜け毛の関係は?

7_1

抜け毛で悩む人は少なくないですよね。男女問わず、いくつになっても髪の毛が減っていくのは気になるものです。抜け毛には遺伝やストレス、頭皮の病気など様々な原因が考えられますが、水が原因にもなることをご存知ですか。日本に住んでいると沖縄などごく一部の地域を除けば、軟水という性質の水を利用しているのですが、北米やヨーロッパ、その他多くの地域が軟水よりも硬度の高い硬水と呼ばれる水なのです。実はこの硬水、抜け毛の原因になるとも考えられています。

なぜ硬水が抜け毛の原因になるの?

7_2
まず、硬水とはどのような性質があるのでしょう。硬水と軟水を比較すると、水に含まれるカルシウムとマグネシウムの含有量が硬水に多く含まれているのです。フランスのエビアン社の公式ホームページによると、一般的な分類としてはカルシウムとマグネシウムの含有量が300mg/l 以上含まれる水を硬水、WHO(世界保健機関)の基準では、含有量が120mg/l以上を硬水と定義しています(http://www.evian.co.jp/water/type/04/)。この硬度の違いがどのように抜け毛に影響するのでしょうか。考えられる原因のひとつとしては、硬水に含まれるカルシウムやマグネシウムとシャンプーの成分との相性です。シャンプーによっては、髪の毛を洗っているときに洗浄成分の石鹸のカスが残りやすくなってしまい、しっかり流さないと毛穴などを詰まらせることになります。その結果、抜け毛が増えてしまうことがあります。特に注意しておきたいことは、日本のシャンプーは軟水用に作られていますので、硬水を日常的に利用している海外に滞在する予定がある人は、日本のシャンプーは敢えて持って行かないほうが良いでしょう。現地でシャンプーを調達したほうが安心です。

硬水は頭皮トラブルになりやすい?

7_3
日本に住んでいると、ある程度湿気があるので頭皮がむしろベタつくという人も多いのではないでしょうか。しかし、海外の硬水の地域は湿気が少なく、乾燥しがちです。肌が乾燥することも多いので、すぐに気付くことになると考えられますが、頭皮も肌の一部です。土地が変われば、水の性質だけでなく、気候も頭皮や髪の毛に影響を与えます。シャンプーを現地のものに変えてみても、抜け毛のリスクはつきまとう可能性があります。頭皮の乾燥によるフケが増えてきたら要注意です。その後抜け毛が増えてくることもあります。また、硬水の地域に住んでいる人は毎日洗髪することはあまりないようです。日本では湿気が多いので毎日洗わないとなんとなくサッパリしない、という人も、海外に行ったら少しシャンプーの回数を減らしてみてもよいかもしれません。どうしても髪の毛を洗いたい人は、軟水のミネラルウォーターを使ったり、頭皮の保湿をマメにしたりすることが大切で、気付いたら大量の抜け毛に悩まされたということにならないように注意しましょう。

硬水は悪いことばかりではない

抜け毛の原因になると考えられている硬水ですが、悪いことばかりではありません。軟水よりもミネラル成分が豊富に含まれていますので、便秘しがちの人には有難い存在です。美容と健康のために敢えて硬水を飲用している人も多いのではないでしょうか。しかし、髪の毛となると少々事情が変わります。そのため、シャンプーを変える、洗髪時には軟水を使うようにする、頭皮を保湿するなど人それぞれに合った抜け毛対策が必要です。硬水から軟水に変える専用フィルターなどもありますので、シャワーなどの取り付けてみるのも有効な方法かもしれません。硬水と軟水にはそれぞれに優れた性質があるので、うまく使い分けるようにしたいものですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…
ページ上部へ戻る