よく聞くけど、軟水と硬水って何?どんな違いがあるの?

222

軟水とか硬水って、よく聞くけれど、なんとなく「水の種類の違いなんだろう」というくらいで、実際どんな違いがあるのかはよくわからないという人も多いのではないでしょうか。では、硬水と軟水、それぞれの成分の違いや特徴にはどんなものがあるのでしょう?また、料理によって使い分けるにはどうしたらよいのでしょうか。今回は、そうしたポイントを取り上げていきたいと思います。

硬水と軟水って言うけれど、硬さは全然関係ない!?成分はどう違うの?

硬水や軟水と聞くと「硬」、「軟」という字から、水の硬さを表しているように感じる人もいるかもしれませんが、実はこれは水に含まれる成分の違いを表した表現なのです。カルシウムやマグネシウムなど、地中の鉱物が水に溶けることで水にはミネラルが含まれます。そのミネラルの含有量の違いによって、硬水と軟水とに分類されています。ミネラルの比較的多い水を硬水、少ない水を軟水と呼び分けます。WHOの定める基準によれば、水1000mlあたりに含まれるカルシウムとマグネシウムの量が120mg以下であれば軟水、120mg異常であれば硬水と分けられるそうです。ちなみに、国土が狭く地下にとどまっている期間が少ない日本の水は軟水が多く、石灰岩が多く地下にとどまる期間が長いヨーロッパや北米の水は硬水がほとんどです。

水にも味があるって本当!?硬水と軟水、それぞれの特徴とは?

水というと無味無臭というイメージがあるかもしれませんが、ミネラル成分がたくさん溶けていると、水にも味があると感じます。硬度が低い軟水はさっぱりしてクセがなく万人受けしやすいのですが、口当たりがまろやかすぎて物足りないと感じる人もいます。それに対し、硬水はミネラルが多いほど重たくしっかりとした飲みごたえや苦味を感じやすく、味の好みにも好き嫌いが出るという特徴があります。軟水は飲みやすいだけでなく、刺激が少ないので赤ちゃんやお年寄りまで安心して飲めるという点がメリットです。一方、硬水は、ダイエット中やスポーツのあとなど、ミネラルを補給したいときに適しています。また、腸を刺激して便秘を解消するためにも役立つようです。

水を制する者は料理を制す!?料理や飲み物によって水を使い分けよう!

硬水と軟水とによって味にも特徴があることがわかりましたが、そうなると当然それぞれの水に適した飲み物や料理があるのも納得ですよね。実際、硬水が多いヨーロッパ系の洋食には硬水がよく合います。例えば、米料理であってもチャーハンやパエリアなど和食でないものには、硬水を使用したほうがパラパラに仕上がって美味しくなります。一方、素材の味を引き立てる薄味の和食にマッチするのは軟水の方だと言われています。鰹節や昆布など旨味成分がよく溶けるためにも、ミネラルの少ない軟水の方が良いというわけです。また、お米も軟水で炊いたほうがふっくらとした甘みのあるご飯に仕上がります。さらに、飲み物に関しても、合う水の種類があります。旨みを重視する緑茶は軟水、旨みよりも香りを楽しむ紅茶や中国茶は硬水と使い分けるとよいでしょう。コーヒーはコーヒーそのものの味を楽しみたいのであれば軟水、苦味や渋みが強めのものがお好みの場合はマグネシウムを多く含む硬水といった具合に、好みに合わせてチョイスするのがオススメです。こんなふうに料理に合わせて水を使い分けられたら、料理上手というイメージがアップしそうですね。

引用元URL:
https://www.evian.co.jp/water/type/04/
https://www.mizu-kangaeru.jp/health/europe.html
https://www.mizu-kangaeru.jp/lifestyle/cooking.html”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…
ページ上部へ戻る