まずい硬水におさらば!美味しく飲んで健康的な身体を手に入れよう

まずい硬水におさらば!美味しく飲んで健康的な身体を手に入れよう

美容や健康のためには軟水よりもミネラルが豊富な硬水の方が効果的であると言われています。しかし硬水は軟水に比べて飲みにくいという難点があり、なかなか続けることが難しいということもあるでしょう。硬水は飲み続けることで効果を発揮しますので、いかにそれを習慣づけるかということが大切になります。硬水を美味しく飲んで効率的に健康な身体を手に入れましょう。

ミネラルがまずさの原因?

3_2

硬水を飲んでいてまずいと感じたことはありませんか?良薬は口に苦しとも言われますが、身体に良いものはまずいというのが世の常です。水はマグネシウムやカルシウムなどのミネラル含有量でいわゆる硬度が決まってきます。WHOの基準では、水中に溶けているマグネシウムとカルシウムの量が1000mlあたり120mgを超えると硬水、それ以下であると軟水であると定めています。すなわち、硬水は軟水と比べるとマグネシウムやカルシウムなどの栄養価が高く、健康や美容により良いと言われているのです。ただ、マグネシウムやカルシウムなどのミネラルにはもともと独特の苦み成分が含まれており、そのためミネラルの分量が豊富な硬水も人によってはまずいという印象を受けることも珍しくありません。軟水に比べて風味が悪いのもそうしたミネラルに原因があります。また、サルフェートと呼ばれるミネラル成分は、整腸作用を促すなどの効果がある一方で、下剤と同じような効果をもたらします。下剤の口当たりが良くないように、サルフェートが豊富に含まれている硬水もやはりまずくなってしまうのです。ただ、これも良薬は口に苦しというわけで、まずいものはその分だけ栄養価が高いものです。硬水のまずさを克服することができれば、より健康的な身体を手に入れる近道にもなります。

運動中の硬水は鬼に金棒!

3_3

運動をするときはたくさん水分を摂ると良いと言われています。これは水分を豊富に摂取することでトイレに行く回数なども増え、要するに身体のめぐりや循環が良くなります。体内にたまっている老廃物も効率的に排出することができるようになり、それが運動効果と合わさってより代謝効率がアップするのです。運動はさまざまな目的があってするものですが、たとえばダイエットのために運動をする場合、硬水を積極的に摂取することで運動効果をより高めることができます。というのも、硬水にたくさん含まれているマグネシウムやカルシウムが激しい運動には欠かせない栄養素になるからです。たとえば、激しい運動をすると体内のミネラルが急速に失われてしまいます。夏場の熱中症などはミネラルが不足することで発生してしまうものですが、ミネラル不足は激しい運動からも生ずることがあります。ミネラルが豊富な硬水を運動中に摂取することで、身体に必要な成分を効率的に補うことができ、運動中の事故を防ぐことができます。また、硬水に含まれるマグネシウムは便秘を防ぐ効果があり、要するに代謝を向上させる働きがあります。運動と合わせて硬水を摂取することで、身体の代謝量をアップさせることができ、より運動で得られる効果を高めることができるのです。

まずい硬水からおさらば!

カルシウムが豊富に含まれ、代謝を向上させて脂肪燃焼しやすい身体づくりができる硬水。しかし飲みにくいのが玉に瑕。どんなものでもそうですが、硬水も続けて摂取しなければこのすばらしい効果を得ることも難しくなってしまいます。どうしても硬水が飲みにくいというのであれば、飲みやすくなるように硬水をアレンジしてみましょう。たとえば、硬水は常温で飲むのが一般的ですが、冷やして飲むことで飲みやすさがぐっと良くなります。とりわけ炭酸入りの硬水は冷やすことで美味しさがかなりアップします。硬水を冷やして飲む時は、ワイングラスなどの脚のあるグラスで飲むように工夫しましょう。そうすることで冷たい状態を長く維持することができます。冷たい炭酸入りでも飲みにくいなら、レモンやシロップなどを加えてみても良いかもしれません。特にレモンを入れた硬水は、硬水独特の苦みを和らげ、口当たりを良くしてくれるのでおすすめです。飲みやすくなった硬水なら長く続けることも難しくなく、毎日の健康的な生活にもつながります。

引用先URL
http://www.evian.co.jp/water/type/04/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…
ページ上部へ戻る