浄水器にも詐欺ビジネスがある!被害に遭わないために注意する点とは

浄水器にも詐欺ビジネスがある!被害に遭わないために注意する点とは

どのビジネスにも詐欺は付きものですが、残念ながら浄水器業界にも詐欺ビジネスはあります。おいしいお水を飲んで日々健康的に暮らしたい…そのような人の心につけ込んでお金を騙し取る浄水器詐欺というものは、最近起こったものではなく意外にも昔からあるのです。詐欺に遭わないようにする心がけから、詐欺に遭ってしまったときどうしたら良いかまでを詳しく解説していきます。

浄水器に関する詐欺ビジネスは多い

9_2

飲料や食事に使うものとして毎日口に入れる水は、少しでも良いものを手に入れたいというのが多くの人の本音でしょう。詐欺はいつもそのような人の心の隙間に入ってきます。浄水器詐欺は昔からある古典的な詐欺で、今もなお無くならないことを考えると、未だに騙される人が多いということでしょう。ここで絶対に騙されないぞと意気込んでいても、実際に訪問販売されればプロの詐欺師の巧みな話術に引っかかってしまい、気づいたら高額の浄水器やカートリッジを買わせられていたということもあるのです。特に高齢者が詐欺に遭うケースは年々増えており、2014年度には195,480件に上っています。そのうちの訪問販売の割合は13.2%で、電話勧誘に次ぐ実に2番目に多い詐欺のやり口となっています(引用:こくみん生活センター、http://www.kokusen.go.jp/soudan_now/koureisya.html)。自分だけは大丈夫と高を括らずに、浄水器を販売している人が家に訪ねてきた場合は中に入れず、最大限の警戒をする必要があります。

参照サイト:【点検商法】本当にあった訪問詐欺の手口 – NAVER まとめ

浄水器詐欺の典型的なパターンを知ろう

9_3

詐欺ビジネスをうまくいかせるための王道パターンとして、1度人の心を不安に陥れてから「これを買えば大丈夫」と救いの手を差し伸べる方法があります。その結果、よく騙されるのは病気をしている人や長生きをしたい人など、常に心のどこかで健康に関する不安を抱えている人で、藁をも掴みたい人の心につけ込む手口で詐欺を展開していきます。
よくある浄水器詐欺のパターンとしては、点検員を装い今使用している水道水は危険でタンクや水道管に問題がありこのまま飲み続けていればいずれ病気になると脅してくるものや、多くの人がこのカートリッジを使って水を浄化していて使っていないのは自分たちだけと不安を煽るものなどがあります。手口が巧妙になってくると薬品を使って水の色を変えるなどの実験をするケースもあり、目の前で見せられる手品を信じ込んでしまう人も多くいます。たいていの詐欺師は訪問時にすでに浄水器やカートリッジを持っており、その場で契約させて浄水器を置いて逃走します。

関連記事:浄水器ネットワークビジネスは他のネットワークビジネスとどう違うの? | WaterLife(ウォーターライフ)

もしも被害に遇ってしまったら…どこに相談すればいいの?

今使用している浄水器ももしかしたら詐欺ではないか…と心当たりがある人もいるかもしれません。契約を交わしてから日にちが経っていないならクーリング・オフが可能です。また、以前訪問販売で買った浄水器に今も高いお金を出しているなら、すでに詐欺の被害に遇っている可能性があります。気付いたらすぐに消費者センターに相談しましょう。日本全国で消費生活センターの数はおよそ500あり、352の市区町村に設置されています。(引用:http://www.cao.go.jp/consumer/doc/100728_shiryou2-1.pdf)浄水器が信頼できる会社のものでも、販売業者が適正な値段よりも高値をつけて売るなど詐欺まがいの行為をしている場合もあります。

☆浄水器詐欺の被害を回避するためにしておく心構えとは
健康に関わる製品の詐欺被害に遭わないためには、まずは販売員の言っていることを信じないようにすることです。売る側はたとえ道に落ちている石ころでも、いかに価値があるか誇張を交えて表現することに長けています。しかし、実際はどこにでもある何の変哲もない石なのです。まずは販売員が訪ねてきても中に入れず、話は聞かないという態度で臨むことが大切です。その他にも、突然訪ねてきた人の話を聞いて初めて水に不安を持つのではなく、常日頃から健康に関心を持つようにして、常識的な価格で高い効果が見込まれる健康グッズを常備しておくと良いでしょう。このようにしておくことで、突然の訪問販売に一瞬パニックになったとしても、すでに家にあるからいらないと断りやすくなるでしょう。

こちらの記事も読まれています。
家庭用浄水器の水で熱帯魚は育てられるか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…
ページ上部へ戻る