浄水器ネットワークビジネスは他のネットワークビジネスとどう違うの?

浄水器ネットワークビジネスは他のネットワークビジネスとどう違うの?

世の中には様々なネットワークビジネスがあふれていますが、商材として浄水器を扱っている業者も少なくありません。高単価な商材ですし、一度買ってしまえばそんなにすぐに買い替えるものでもないので、一見するとネットワークビジネスとして成り立ちにくい気がします。さて、その実情はどうなっているのでしょうか。

浄水器ネットワークビジネスの特徴は?

10_2

浄水器のネットワークビジネスとは言っても、その種類は膨大です。中には水素水なんて商品もありますが、ここではちゃんと浄水器を定義しておきましょう。そもそも浄水器とは水をキレイにする物です。水がキレイというのは、不純物が含まれていないことを表しますので、正確に言うと水素水を生成する「浄水器」というのは違和感があります。そこで、ここでは水素水ビジネスに関しては触れずに話を進めましょう。
水をキレイにする装置では、その規模の大小に関わらず「膜(もしくは膜に相当する構造)」を使用することが多いです。水道水を作る浄水場でも膜やそれに準ずる構造を使って水をろ過しています。そして、この膜の種類は膨大にあります。小さなモノまで取り除けるもの、耐久性が高いもの、すぐに壊れてしまうもの・・・などなどです。ネットワークビジネスに用いられる浄水器は、この膜の部分のメンテナンスを定期的に行わなければならないものが用いられています。でなければ利益がでません。いわゆる、売りっぱなしのビジネスモデルではなく、メンテナンスで利益を出すことにより、継続的な報酬を得ることが可能なわけです。

ネットワークビジネスで手に入れる浄水器は他の浄水器とどう違うの?

10_3

「え?じゃあネットワークビジネスで扱っている浄水器はメンテナンス頻度が高くて不良品なの?」と思われるかもしれませんが、一概にそんなことは言えません。なぜなら、より小さな不純物が取れるということは、それだけ膜の構造が緻密で詰まりやすいからです。料理に使うザルを思い出してください。目の細かいザルほど、より多くの不純物を捉えるので、すぐに目が詰まってしまいますよね?ですので、メンテナンス頻度が高いということは、それだけ膜の目が細かく、キレイな水を供給できるという事でもあるのです。その他、権利収入を得やすい(一度売ってしまえばメンテナンスによる収入が継続的に得られる)などのメリットはありますが、浄水機能という面では、ネットワークであろうがネットワークでなかろうが、あまり関係はありません。

ネットワークビジネスの今後

浄水器も販売しているアムウェイの業績を見てみましょう。日本アムウェイが公表しているデータ集(URL:http://www.amway.co.jp/about-amway/our-company/company-amway/data?lng=ja)を見てみると、2004年に100万人近かった会員数が2014年には80万人を割っています。また、売上高もここ10年で少しずつ減少の兆しにあります。日本においては、ネットワークビジネスをあまり快く思わない方々も増えてきましたので、この傾向は今後も続くのではないでしょうか。また、注目すべきは、ディストリビューターと呼ばれる、ビジネスとして商品を購入している方々の数が変わらないまま、購入だけを行う会員(アムウェイショッピングメンバー)の数が減っていっているということです。これは「権利収入というメリットを考えなければ、他の会社の商品を購入する方が良いな」と考える人が、他の会社の製品の購入に動いているためだと考えられます。
そもそも市場が成熟しきってしまっている日本においては、上記のデータは仕方がないことかもしれませんが、日本におけるネットワークビジネスの展望が「明るい」とは決して言えないのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…
ページ上部へ戻る