アウトドアで大活躍!ポータブル浄水器で安全に水を楽しもう

アウトドアで大活躍!ポータブル浄水器で安全に水を楽しもう

人間の生活に欠かせない大切な水。日本は安全に水が飲める国として有名ですが、それは日本の水道局が厳しい基準に基づいてきちんと処理が施された水が一般家庭に届いているからです。そうではない、殺菌やろ過が行われていない水にはたくさんの危険が潜んでいます。

生水には細菌がたくさん

11_2

ハイキングやキャンプを楽しんでいるとき、美しい川の水をそのまま口にしたくなるという人は少なくないでしょう。自然の中の生水はミネラルウォーターに比べミネラルを豊富に含んでいますが、その分人体に害を与える細菌も潜んでいます。「生水はそのまま飲むな」とは昔からよく言われることですが、生水は下痢や腹痛などの健康に関わるトラブルを起こしかねません。日本の法律では水の中に含まれる細菌をすべて殺すか、あるいは取り除かなければ販売することができないと定められています。それほどまでに水の中に潜む細菌には注意が必要なのです。もちろん、山や森の水を飲んだからといって、すべての人が体調を崩すとは限りません。しかし抵抗力の弱い子供やお年寄り、あるいは大人でも健康状態次第で生水によって体調を崩してしまうリスクは十分にあります。

自然の水はポータブル浄水器で安全に

11_3

せっかく美しい自然の中にいるのに、それを享受しきれないのは何とも歯がゆいですよね。そんなときには持ち運びのできるポータブル浄水器が便利です。ボトルタイプのものやストロータイプのものなど種類や値段は様々で、自分の必要に応じて選ぶことができます。大人数でのアウトドアならポンプタイプで一度にまとまった量の水を処理できる浄水器もありますので、ストレスフリーで美味しい水を楽しめます。水道水すら危険と言われる海外へ旅行に行く際にも、携帯型浄水器を持って行けばいちいちミネラルウォーターを買う必要もありません。ポータブル浄水器は日本では東日本大震災以降、防災グッズの1つとしても注目が集まるようになっています。ペットボトルのように場所を取るものではないので、家族1人1人に準備できて便利ですね。

アウトドアで使えるポータブル浄水器のススメ

いつでもどこでも美味しい水が飲めるポータブル浄水器ですが、手軽に使えるものから本格的なものまで様々な商品があります。それぞれの特徴を押さえておきましょう。
・bobble(ボブル)フィルター付きウォーターボトル
リーズナブルなお値段で手軽に持ち歩けるボブルはカラフルな見た目が可愛らしく、お子さんにも喜ばれることでしょう。フィルターはカーボン製で、フィルターを通過する際に汚染物質のマイナスイオンが炭素の表面に吸い込まれます。エコを意識した商品で、製造過程も環境に配慮した手法を採用しています。価格は1,380円(Amazon)。
・Vestergaard(ベスターガード)浄水器LifeStraw Hollow Fiber
ボトル型ではなく、ストロー型で水を吸い上げながら同時にろ過を行ってくれる浄水器です。川や湖の水を直接飲料水として使用でき、コップやボトルなどの容器に入っている水でも手軽に使用できます。軽く、細身のデザインなので荷物にならず、キャンプやハイキング、本格的な登山など様々なシーンで活用できます。価格は3,400円(Amazon)。
・seychelle(セイシェル)サバイバルプラス携帯浄水ボトル
アメリカのナスダック上場メーカー、セイシェルのボトル型携帯用浄水器です。ココナッツ活性炭と吸着フィルターを使って水の中の細菌類・病原体を取り除き、不純物を99%以上除去できる優れものです。その実力は国際赤十字や米軍も公式採用しているほどで、アウトドアだけでなく防災用としても役立ちます。価格は6,234円(Amazon)。

こちらの記事も読まれています。
家庭用浄水器の水で熱帯魚は育てられるか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…
ページ上部へ戻る