もう買わなくてもいい!?自宅でのミネラルウォーターの作り方

もう買わなくてもいい!?自宅でのミネラルウォーターの作り方

ミネラルウォーターといえば買うものだと思っている人が多いでしょうが、実は、水道水からミネラルウォーターを自宅で簡単に作れるグッズがあります。そこで、ミネラルウォーターの自作方法や特徴などについてご紹介します。

水道水からミネラルウォーターを作れるグッズ

12_2

ミネラルウォーターは自然界にしか存在しないのではと考えがちですが、自然界でミネラルウォーターが生成される過程を自宅で再現できれば自作できるはずです。雨水はミネラル豊富な岩などで濾過されることによってミネラルウォーターになります。その環境を自宅で再現するグッズが市販されているのです。作り方は簡単ですので、気軽に試せるでしょう。
一般的なグッズを使った作り方は、ペットボトルのような容器に石を入れ、そこに水道水を満たしてしばらく寝かせます。石の種類はさまざまですが、バナジウム鉱石や医王石、波動石などの機能性天然鉱石でミネラルウォーターを作ることになります。その他には備長炭を使って作るグッズもあります。長さは15センチ程度の備長炭に一昼夜漬けることでミネラル成分が溶け出すようです。変わったところではサンゴからミネラルウォーターを作るグッズもあります。
※備長炭グッズ、http://store.shopping.yahoo.co.jp/ume1/8642.html?sc_e=slga_pla

ミネラルウォーターの購入と自作はどちらが安い?

12_3

ミネラルウォーターの認知があまりされていなかった頃は、外国から入ってくる高いミネラルウォーターしか購入の選択肢がなかった時代もありました。しかし、認知度が高まり、日本産のミネラルウォーターの生産量が増加するにつれて価格は低下してきました。最近では、ジュースを買うのと変わらない価格で手軽にスーパーなどで購入できるようになっています。
一方、自宅でミネラルウォーターを作る場合は、原料となる水道水のコストは無視できるほど安いと考えられます。問題は自作グッズとして購入する鉱石や備長炭の価格です。品物代だけでなく送料を含めて定期的に一定の金額を支払うことを考えると、意外とコストはかかると考えた方がいいでしょう。業者によってグッズの価格にはばらつきがありますので単純な比較は難しいですが、作る手間まで考えると購入した方が楽だと感じる人もいるでしょう。生成作業が楽しい人は安く感じる可能性があります。

水道水とミネラルウォーターの水質検査基準はどう違う?

水道水もミネラルウォーターも飲料に耐えるように水質基準をクリアしたものでなければいけないことになっています。ただし、それぞれの水に求められるものが違うため、水質検査の基準にも違いがあります。
まず、基準を定めている法律自体が違います。水道水は、水道法により基準が定められていますが、ミネラルウォーターは食品衛生法によって規制されています。水道水は、水道局など限られた業者が守るべきものですが、ミネラルウォーターは民間業者が広く守るべきものですので対象となる法律が違うのです。
また、検査項目も違います。水道水は50項目の水質基準がありますが、ミネラルウォーターは18項目です。どちらも安全に飲めるレベルは当然クリアしていますが、ミネラルウォーターは含まれている成分を完全に除去してしまうと特性が消えてしまうため、安全に飲めるレベルを保ちながら処理は最低限になっている点が特徴といえます。
※東京都水道局、https://www.waterworks.metro.tokyo.jp/suigen/topic/12.html

ミネラルウォーターを効率的に生成するには?

自宅でのミネラルウォーターの作り方は、いちいちペットボトルに石を入れそこに水道水を入れて寝かせるというのが一般的ですので、かなり面倒で効率的とはいえません。そんな時は、水道水に浄水器のように取り付けるタイプがおすすめです。このタイプにすれば、水が自然に蛇口から落下する力を利用して濾過されますので、面倒な作業を必要とせず効率的にミネラルウォーターを生成できるでしょう。
もちろん、ミネラルウォーターのペットボトルのまとめ買いをして宅配してもらう方法とコストや手間を比較してみることも必要でしょう。また、安全や健康が目的であれば、ミネラルウォーター以外にも水道水直結型のウォーターサーバーを導入するという選択肢もあります。水道水直結型であれば面倒なボトル交換の必要がありません。自分に合った水を効率的に手に入れて快適な暮らしができるように研究してみると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…
ページ上部へ戻る