オシャレでエコにも貢献!浄水タンブラーには魅力がいっぱい!

オシャレでエコにも貢献!浄水タンブラーには魅力がいっぱい!

いつでも安全な水を飲みたいけれど外出先に持ち歩くのは重くて大変と感じる方が多いのではないでしょうか。ミネラルウォーターをお店で購入すれば身軽にお出かけできますが、毎日のように購入すると出費も大きくなりがちです。このようなときにオススメなのが手軽に持ち運べる浄水タンブラーです。ここでは浄水タンブラーの特徴や用途などについてご紹介します。

浄水タンブラーってどんなもの?

13_2

浄水タンブラーは水筒のようなつくりになっておりボトルにカートリッジをセットして使います。カートリッジの内部には活性炭が入っていて水道水に含まれている塩素が活性炭と反応して浄化されるため、ニオイのないおいしい水をつくることができるのです。使うときにはフタを開けて水道水を注いだ後、フタを閉めてタンブラーを振ります。カートリッジが容器の中心にセットされていますので、この部分に水がしっかりかかるように横向きにシャカシャカ振るのがコツとされています。容器のフタで密閉されるので振っても水がこぼれる心配がなく、強く振らなくてもしっかり浄水できます。振る時間はお好みで調整でき、カルキ臭が気になるときには少し長めに振ると浄水効果がアップします。振った後にそのまま飲むこともできますし、フタを閉めた状態で持ち歩くこともできます。例えば、三菱レイヨン・クリンスイのクリンスイタンブラーのデータによると、ろ過流量は1分間に0.10リットルとされ、カートリッジ1本あたり30リットルの水を浄化することができ、遊離残留塩素の除去率は80%とされています(1)。30リットルというと500mlのペットボトルで60本分に相当しますので、毎日500mlずつ飲んだとすると1本のカートリッジで2カ月もつことになります。ペットボトルの購入費用を考えると大幅に節約できますし資源の節約にもなります。カートリッジを交換すれば本体はそのまま使えますからエコにも貢献できるのではないでしょうか。

どんな時に使う?オフィスやスポーツ、旅行にも活躍!

13_3

浄水タンブラーは空の状態で持ち歩いて外出先で水を汲めるため、重い水筒を持ち歩かなくて済むのが魅力といえます。オフィスでは給湯室の水を入れてそのまま飲めますので、ちょっと休憩したいときやランチタイム、外回りに出かけるときなどに持ち歩くと便利です。外回りに出かけるときには保冷ケースが付属品として付いていますのでカバンの中にもしっかり収納できます。また、夏のスポーツの水分補給では水を何度も補充できるため荷物がかさばりませんし、お子様連れのレジャーでも公園の水道水を手軽に利用できるので、身軽に出かけることができます。旅行の荷物にも空のボトルを入れておけば、旅先で水を購入しなくても美味しい水が味わえます。さらに、自宅でも冷蔵庫に入れておけば、そのまま飲んだり料理に使ったりと使い方がいろいろ楽しめるのではないでしょうか。また、浄水タンブラーを使ったエクササイズも考案されています。水を浄化するときに振る動作をエクササイズに活かすもので、クリンスイタンブラーのホームページではEIKOさんが考案したエクササイズとして「むちむち二の腕さよなら」・「すっきり肩になる」・「くびれをつくる」3種類のエクササイズが紹介されています。きれいな水を作りながらシェイプアップにもつながりますので、オフィスの休憩時間やお出かけ先で取り組んでみてはいかがでしょう。

販売メーカーと選び方について

国内で販売されている浄水タンブラーとして三菱レイヨン・クリンスイのクリンスイタンブラーがあげられます。クリンスイタンブラーには通常の浄水器タイプとスポーツタイプの2種類があります。スポーツタイプには飲み口が付いていて開閉操作をワンタッチでできますのでお出かけ先やスポーツでの水分補給にぴったりです。自宅で利用することが多い場合には浄水器タイプ、外出先で使うことが多い場合にはスポーツタイプを選ぶと便利なのではないでしょうか。ボトルは透明なつくりとなっていて、中にセットされているカートリッジとポイントカラーが透けて見える構造となっています。ポイントのカラーにはクリアブルー・クリアグリーン・クリアピンクの3色があり、クリアな外観で見た目もオシャレな印象です。お好みのカラーで選ぶのもよいですし、家族で利用するときには色違いにすると見分けるのに便利です。

出典
(1)タンブラー浄水器|家庭用浄水器なら三菱レイヨン・クリンスイhttp://www.cleansui.com/newitem/tm704.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…
ページ上部へ戻る