日本人に馴染みの薄い硬水・・・そのメリットとデメリットとは?

444

コンビニやスーパーでミネラルウォーターを買う際、何気なくラベルを見ると「硬度○度」と書いてあることに気付く人も多いかと思います。これはミネラルをどれだけ含有しているのかによって決められており、その基準はWHO(世界保健機関)によって決められています。一般に硬水は日本人に合わないとはしばしば言われますが、なぜそう言われるのでしょうか?

日本人には馴染まない?体調不良の原因になるかも!

硬水/軟水は水の中に含まれるミネラル(マグネシウムとカルシウムの量)によって決められ、多いものを硬水、少ないものを軟水と呼んでいます。水の硬度を決定付けるものは水を育む大地を形成する地殻物質であり、そのため国や地域によって水の硬度は異なります。ヨーロッパや北米大陸は硬水が多いのに対し日本の水はほとんどが軟水です。例えば日本で生産されている市販のミネラルウォーター、サントリー「南アルプスの天然水」、日本コカ・コーラ「い・ろ・は・す」、アサヒ飲料「おいしい水」、これらは全て軟水です。蛇口をひねって出る水もほとんどが軟水であるので、日本人は生まれたときから軟水に親しんでいること言えます。
一方、硬水に多く含まれるマグネシウムには「胃腸を刺激する」「便を柔らかくする」という働きがあります。なので普段硬水を飲み慣れていない日本人が硬水を飲むとマグネシウムの作用でお腹を下したり胃痛を起こしたりといった体調不良を起こすことがあるので注意が必要です。旅行に行く際に「現地の水に注意!」という文言はよく聞きますが、これは単に衛生状態を指すだけでなく体質的に合わない水があるぞ、という警告でもあります。

知らずに飲むとびっくりする!?硬水の口当たりの悪さ

また軟水と硬水では飲んだときの口当たりにも違いがあります。硬水の中に多く含まれるマグネシウムには独特の苦味、風味、香りがあるため、慣れていないと「飲みにくい」と感じる人もいることでしょう。普段は軟水ばかり飲んでいるので水の味などわからない、という人でも飲み比べてみればその差ははっきりとわかります。普段飲み慣れているはずの欧米においても、この独特の風味を除くために浄水器が普及しているほどです。
味にクセがあるためゴクゴクと飲みにくいだけでなく、料理などにも影響が出ることがあります。例えば口当たりの良い軟水でコーヒーを淹れるとまろやかで酸味の効いたコーヒーになりますが、硬水で淹れると苦味が強調されてしまいます。もちろん好みはあるでしょうからメリットと思う人もいるでしょうが、知らずに飲むと驚いてしまうかもしれません。また繊細な味付けを必要とする和食に使うと、水の味が邪魔になることがあります。例えば煮物など水によって調理する料理では硬水独特の風味が出てしまいますし、ご飯を炊く際に使用するとお米がパサパサになってえぐみが強く出るので日本の食卓には残念ながら不向きのようです。

デメリットだけじゃない!こんな効果もある

ここまで硬水のデメリットについて書いてきましたが、もちろんメリットもあります。それは便秘改善効果とダイエット効果が期待できるということです。既に述べている通り、硬水中に多く含まれるマグネシウムは胃腸の動きを活発にする働きがあります。また便を柔らかくする作用があるため、飲むことでお通じが良くなると言われています。またミネラルには代謝を促進する作用があり、硬水を飲むことで基礎代謝アップが期待できます。基礎代謝とは「安静の状態で自然と消費されるエネルギー量」のことで、ダイエットを成功させるには非常に重要なポイントになりますので、硬水を飲んで身体の中からダイエットしようという人は少なくありません。また運動中・運動後に摂取する水としても硬水が推奨されます。それはミネラルを補給することによって筋肉の痙攣や足がつるという事態を予防してくれる効果が期待できるためです。
このように硬水にはデメリットだけでなくメリットもあります。自分の飲むタイミングや目的に合わせ、うまく軟水と組み合わせればより自分に合った飲み方ができるかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…
ページ上部へ戻る