軟水と硬水って何が違うの?水の硬度の基準の違いと文化に与える影響

pixta_16956050_M

水にはそれぞれ栄養価の違いなど、さまざまな基準が設けられています。普段何気なく飲んでいる水道水やミネラルウォーターでも、実は成分が大きく違うということもよくあることです。とりわけ日本とヨーロッパとでは水の質が大きく異なりますが、それはどのような基準や目安で分類されているのでしょうか。

水の硬度の違いについて

水にはそれぞれ硬度というものがあります。硬度というのは、水に含まれているミネラル成分のうち、特にカルシウムとマグネシウムの含有量を表した基準のことです。つまり水に溶けているカルシウムとマグネシウムの含有量が高いほど硬度も高くなり、逆に低くなれば高度の数値も減少します。世界保健機関の基準でいえば、水1000ml中に含まれるカルシウムとマグネシウムの量が120mgを超えると硬水、120mgを下回っていればと軟水ということになります。こうしたカルシウムやマグネシウムの含有量が違うと、具体的に水の風味や口当たりにも大きな影響を与えます。硬水の場合は口当たりが重く、人によって感じ方は異なりますが、より飲みごたえのある水だと感じることが多いかもしれません。一方、軟水は口当たりがまろやかで、比較的飲みやすい水が多いと言われています。一般に、日本の水は軟水、ヨーロッパの水は硬水であり、そのため両者の水には大きな隔たりがあるのです。

軟水が多い日本の水

pixta_22353875_M

日本で販売されているミネラルウォーターや、蛇口から出てくるほとんどの水道水は、基本的に軟水です。土地や国土によって水の質は大きく異なりますが、日本はほとんどの地域で軟水の成分を持つ水が多いと言われています。これには日本の地殻物質が大きく関係しており、国土の狭い日本においては、地層中で雪や雨水が濾過される過程でミネラルを吸い取る時間が短く、その結果ミネラルの含有量の低い軟水が各地で湧き出すことになるというわけです。ミネラル含有量が低いと聞くと、何か栄養的に硬水よりも劣ると思われがちですが、日本の水がミネラルを含まない軟水だからこそ育まれてきた文化もあります。日本のコメ文化はまさに軟水によって支えられており、口当たりが良くて軽やかな軟水だからこそ、ふっくらとして甘みのあるおいしいご飯が炊きあがるのです。このように、水はその土地その国の食文化を形成するのにも寄与しており、軟水が多い日本ではこの国ならではの文化を水が生み出してきたと言えます。

ヨーロッパ地方はほとんどが硬水

pixta_20241807_M

ヨーロッパや北米の各地では、ほとんどの天然の水が硬水となっています。日本と違い広大な国土を有しているヨーロッパや北米では、地層による水分の濾過においてミネラルを十分に吸い取ることができ、結果としてミネラル成分の豊富な天然の水を手に入れることができるというわけです。ヨーロッパや北米に旅行へ行ったことのある人は、現地の水が日本の水とまるで違うということを経験したことがある人もいるのではないでしょうか。硬度の高いヨーロッパ地方の水は、軟水に慣れた日本人の口には合わないと言われています。また日本と同じで、ヨーロッパ地方においても水が食文化の形成に大きく関わっています。メインの料理が肉であることの多いヨーロッパでは、食生活においてミネラルが不足しがちです。そこでミネラルが豊富な硬水で不足しているミネラルを補っているのです。また、水の硬度はこのように食生活においてだけでなく、洗濯や洗顔などとも密接に関係してきます。日本人の中には硬度の高い水が肌に合わないということもあり、もし外国に行って現地の硬水で洗顔や洗髪をするならば、注意しておきましょう。水の性質をしっかり理解して、健康な毎日を送りたいものですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…
ページ上部へ戻る