日本人なら知っておくべき軟水のメリットとその効果

pixta_11953631_M

水には大きく分けて軟水と硬水の二つの分類が存在します。日本には、ヨーロッパや北米と比較して、軟水が多いので、私たちは古くから軟水に慣れ親しんできました。日本にある水のほとんどは軟水であり、蛇口をひねって出てくる水道水も勿論軟水です。海外旅行の経験がある方は、ホテルのシャワーで髪を洗って乾かした後に、いつもと髪の質感が違うような感覚を覚えた方も少なくないと思います。これは慣れ親しんだ軟水ではなく、硬水を使ったことが原因です。しかし、日本に生まれ、軟水を昔から口にしているからと言って軟水がもたらしてくれるメリットについて理解している人は想像以上に少ないと思います。そこで今回は日本人なら知っておくべき軟水のメリットをご紹介いたします。

日本料理と軟水の関係性

pixta_20196339_M

まず、硬水と軟水の違いは簡単に言うと、水の中に含まれるマグネシウムとカルシウム量の違いです。マグネシウムやカルシウムが多い水を硬水と呼び、少ない水を軟水と呼んでいます。このうち料理や飲料に適しているのは一般的に軟水と言われています。これは、マグネシウムには独特の匂いが存在することから、水の中のマグネシウム量が少ない軟水の方が料理の味への影響が少ないため、料理向きの水と言われているのです。料理だけでは無く、紅茶やコーヒーなどをいれるときにも水の独特の匂いが薄く、口当たりが非常に滑らかな軟水を使うことでとても上手くいれることが出来ます。特に日本の伝統的な和食や日本料理は薄味のものが多く、素材そのものの風味や味を楽しむ料理が大半を占めています。日本の緑茶も、産地の違いによる微妙な味や香りの違いなどが昔から親しまれてきました。繊細な味を邪魔しない軟水はまさに日本の文化に欠かせない水と言えますね。

軟水は美容にも効果的

pixta_17066826_M

軟水は美肌を作る上でもとても大きな効果を発揮してくれます。日本は世界的に見ても肌が綺麗だと言われていますが、これは日本人が古くから軟水を飲む文化の中で生活してきたことが一つの理由として考えられているほどです。軟水のミネラルバランスは体内のミネラルバランスに非常に近いとされ、人体への親和性がとても高いと言われています。親和性が高いということは体の代謝を促進してくれたり、老廃物を汗と一緒に輩出してくれたりといったような効果も期待できます。軟水を摂取してサウナや岩盤浴などのデトックス効果の期待出来るものを併用することで、より高い効果が期待できます。また、軟水には石鹸の泡立ちを良くしてくれる効果や油分を必要以上に奪い過ぎないという効果もありますので、髪を洗う時や体を洗う時にも効果的と言えるでしょう。

体への吸収率が高いのもメリットのひとつ

上でも書いたように、軟水は体との親和性が非常に高いことから、飲んだ後の体への吸収率も硬水に比べて圧倒的に高いことが知られています。水分を体に素早く吸収させることは、結構の促進や疲労回復につながりますので、健康な体作りという観点からも軟水はオススメと言えます。体のミネラルバランスに近い軟水に含まれるミネラルが体にスムーズに浸透することによって、ミネラルが血液中に流れ込み、全身に栄養分を運んでくれる役割を果たします。お風呂上りに水分補給をしないと血液がドロドロになってしまうという話をよく聞くと思いますが、体内の水分量が減少して血液がスムーズに流れなくなっていることが原因です。吸収率の高い軟水を摂取することで、こういった血行不良なども改善され、動脈硬化や脳梗塞といった命にかかわる重篤な病からも体を守ってくれる効果があるのです。普段なんとなく飲んでいる水ですが、知らず知らずのうちに私たち日本人が軟水から受けている恩恵というものは計り知れないものがありますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…
ページ上部へ戻る