飲み過ぎには注意!硬水の美容効果とデメリット

pixta_22330559_M

ミネラルがたくさん含まれているとされる硬水。カルシウムやマグネシウムの含有量が豊富であるため、一般に日本の水よりも栄養価が高いと言われています。健康のために硬水を積極的に飲む人もいますが、何事もやり過ぎはあまり良いことではありません。硬水の飲み過ぎもしかりなので、健康や美容のために硬水を飲むなら、適度な分量を守るように気を付けましょう。

硬水とはどんな水?

世界保健機関の指標によると、水中に含まれるカルシウムやマグネシウムの含有量が1ℓ当たり120mgを超えると、硬水と呼ばれる水になります。つまり、硬度とは水中にどれだけカルシウムとマグネシウムが含まれているかの指標であり、これらの濃度が高いと硬水、低いと軟水ということになるわけです。日本水道協会のデータベースによれば、日本の水道水の平均硬度は1ℓあたりおよそ50mgから60mg程度なので、日本で流通している水は基本的に硬度の低い軟水ということになります。硬水と軟水には見た目の違いはほとんどありませんが、飲んだ感じに少なからず違いがあります。硬水は軟水に比べて口当たりが重く、軟水よりもかなり飲み応えがある水だと言えるでしょう。また、ミネラル豊富な硬水には代謝を促進させる効果や脂肪の吸収を促すなどの美容健康効果があるとされています。硬水を適度に生活の中に取り入れることで、水を飲むだけで身体の内側から綺麗になることもできるというわけです。

ヨーロッパに硬水が多いワケ

pixta_20705128_M

日本と違って、ヨーロッパの国々では、ほとんどの水が硬水です。これは、ヨーロッパと日本の地形の違いが関係しています。日本と比べ、ヨーロッパ大陸は国土が広大であり、そのため地形的にも恵まれています。天然の水というのは、主に雪解け水や雨水が地層を通り、その過程でゴミや汚れを濾過したあとに、地表などに湧き出てきます。ヨーロッパの広大な土地は、幾層もの地層を形成しているため、水が地層による濾過を受ける過程でそこに含まれるミネラルを十分に吸収することができます。一方、日本の地層は国土が狭いため、地層による濾過を受ける際にミネラルを十分に吸収できずに湧出してしまいます。そこにミネラルの含有量の違いが生まれ、地層から十分にミネラルを吸収できるヨーロッパの水は、硬度の高い硬水となって湧き出てくるというわけなのです。イギリスの一部地域など、ヨーロッパでも軟水の地域はありますが、基本的に地層上のこのような理由から、ヨーロッパには硬水が多いのです。

美容や健康効果もあるけれど

pixta_22903429_M

カルシウムやマグネシウムなどのミネラルが豊富に含まれる硬水は、便秘解消や代謝促進などに効果を発揮してくれますが、飲み過ぎるとかえってお腹を壊してしまうこともあるので注意が必要です。便秘の解消に効果があるということは、それだけ胃腸に働きかける度合いが強いということでもあります。飲み過ぎれば便を柔らかくし過ぎてしまうことがあるため、むしろ下痢などの体調不良を引き起こすきっかけともなってしまいかねません。なので、普段から便秘ではない人や、胃腸が弱い人はあまり飲み過ぎないように、自分に合った適度な分量を守ることが大切です。とりわけ、日本人は軟水に慣れているため、硬水を大量に飲み過ぎるとあまり良くありません。胃腸に負担をかけることになりますし、マグネシウムの作用によって体調不良に陥ってしまうこともあります。硬水は代謝促進などのデトックス効果が期待できますが、それも飲み過ぎればむしろ脱水症状などを引き起こしかねず、体調不良につながってしまいます。硬水のこうしたメリットやデメリットをしっかりと把握したうえで、適度に摂取するようにしましょう。

参考URL
http://health-and-diet.com/tap-water-the-hardness
http://www.evian.co.jp/water/type/04/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…
ページ上部へ戻る