知らないと損をする!体にいいミネラルウォーターの飲み方

111111

健康に対する意識の高まりにより、最近では、水道水の代わりにミネラルウォーターを飲用水として使用する人が増えてきました。しかし、ミネラルウォーターは正しい飲み方をしないと体を害する恐れもあります。より健康であるためには、ミネラルウォーターの特質をよく理解しておくことが大切です。

体に合ったミネラルウォーターを選ぶことが大切

水道水と違ってミネラルウォーターは、塩素が含まれていませんし、有害物質が残留している恐れもありません。その上、日本人に不足しがちなカリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルも豊富です。そういう意味では確かに、体にいい水だと言えるでしょう。しかし、このミネラルが、時として体調を崩す原因にもなるのです。
ミネラルウォーターには、大きく分けて軟水と硬水の2種類があります。WHOの基準に従うと、1リットル中に120mg以上のカルシウムやマグネシウムが含まれているものが硬水で、それ以下のものが軟水です。硬水はミネラルがたっぷりで栄養補給に優れているのですが、吸収がしにくく、胃や腎臓に負担をかけてしまうという欠点があります。特に、内臓が未発達の赤ちゃんに、硬水を使った粉ミルクを与えるのは危険です。その他にも、胃の弱い人、腎臓の悪い人、お年寄りなどは、硬水を控えた方がよいでしょう。
日本の水は基本的に軟水です。したがって、日本人は硬水を飲みなれていません。無理に飲み続けていると、健康な人であっても体に悪い影響がでる場合があります。まずは、150mg程度の軽い硬水から慣れていき、様子を見ながら徐々に数値を上げていくのがよいでしょう。
また、人間の体内は弱アルカリ性に保たれているため、酸性のミネラルウォーターは、飲料水には向いていません。飲料水として購入する場合は、弱アルカリ性か中性のものをおすすめします。

飲み続けることで得られるミネラルウォーターの効果

ミネラルウォーターは、飲み続けることで体にいい影響をもたらします。例えば、ミネラルウォーターに含まれるマグネシウムは、胃腸の活動を活発にし、同時に、便を軟らかくする働きをします。そのため、便秘解消に有効です。
また、ミネラルウォーターは、むくみに対しても効果があります。むくみとは体内の塩分濃度が高まり、それを下げるために体が水分を貯め込む現象です。カリウムは、その塩分を排出する働きがあります。ただし、一度に大量のミネラルウォーターを飲むと吸収が追いつかなり、逆に、むくみの原因となるため、注意が必要です。
一方、カルシウムには、脂肪燃焼を促進し、基礎代謝量を増やす性質があります。カルシウムたっぷりのミネラルウォーターは、ダイエットの補助飲料として最適です。
これらは、ミネラルウォーターの中でも硬水に顕著な効用ですが、軟水にも優れた面はあります。硬水よりも水分吸収が容易なので、大量に飲むことで老廃物の排出を活性化させることができるのです。それは、老化の防止や美肌作りへとつながっていきます。
つまり、健康を維持するには、硬水と軟水のバランスの良い摂取が大切なのです。

ストレス解消にも大きな力を発揮するミネラルウォーター

ストレスは万病のもとです。大きなストレスに晒されると疲労の回復が遅れ、抵抗力が弱まって病気にかかりやすくなります。ミネラルウォーターには、そのストレスを解消する力があります。
水にはもともと鎮静作用があり、ゆっくりと飲むことで気分が落ち着いたという経験は、誰しもあるはずです。ミネラルウォーターの場合は、そこにカルシウムとマグネシウムの力が加わります。怒りっぽい人に対して、「カルシウムを取りなさい」などとよく言います。それは、カルシウムに神経の興奮を抑える機能があるからです。また、マグネシウムは体温と血圧を調整する働きをします。それらの力が合わさって、ストレスが和らいでいくのです。
ただし、睡眠前には、カルシウムやマグネシウムの少ない軟水を飲んだ方がよいでしょう。ミネラルたっぷりの硬水は吸収をするのに体力を使うため、睡眠時にはそれがストレスになってしまいます。また、軟水には体をリラックスさせ、眠りに誘う効果もあります。したがって、昼間は硬水中心に飲み、夜遅くなってからは軟水だけを飲むのが一番体にいい飲み方だと言えるでしょう。

関連記事:オシャレでエコにも貢献!浄水タンブラーには魅力がいっぱい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…
ページ上部へ戻る