神聖なる「清めの水」にまつわる日本の風習

神聖なる「清めの水」にまつわる日本の風習

日々皆さんが触れ、口にしている水はかつては神聖なものでした。神道において水は清めの効果を持つものとされており、「清めの水」として様々な場面で用いられていました。現代でもその名残は色濃く残っており、日本の風習として根付いています。今回は「清めの水」にまつわる代表的な物・行為を挙げ、水にまつわる日本の風習に触れてみたいと思います。

 

 

神社には必ずある「手水舎(ちょうずや)」の役割

神道において神社の敷地は聖域です。かつては聖域を訪れる者は必ず、神社の周辺に存在する河川や湧き水などで身を清めていたそうです。現代でも伊勢神宮の御手洗場のように、身を清めるのに使われていた場所の名残が残っている神社も存在しています。時代の変遷とともに湧き水や清流の確保が困難になったため、それに代わって身を清めるための施設として手水舎がつくられるようになりました。現代においも手水舎は神社や寺院の社殿脇に置かれ、神聖なる神仏を参詣する際に参詣者が手や口を漱ぐために使われています。

身を清める行為から転じたため、手水舎での手や口を漱ぐにも作法があります。手水舎における一般的な作法は下記の通りです。

  1. 手水舎に一礼する。
  2. 右手で手水舎に据え付けられている柄杓を取り、手水をすくって左手を清める。
  3. 柄杓を左手に持ち替え、同様に右手を清める。
  4. 再度柄杓を右手に持ち替え、手水をすくって左手に溜め、口を漱ぐ水を吐く時は左手で口元を隠す。
  5. 手水をすくって柄杓を傾け、椀部から柄に水を流して清める。
  6. 柄杓を元の位置に戻し、手水舎に一礼する。

 

 

お客様へのおもてなし「打ち水」の効果

打ち水の起源は江戸時代の茶道と言われています。茶室への道に打ち水をしておき、迎え入れるお客様へのおもてなしの心をあらわしていたようです。元々は神道的な意味合いの清めの水を撒くという行為が転じて、打ち水に変わっていったのではないかとも言われています。従って家の玄関先への打ち水などは、来客に対しての心遣いの1つであるとされています。

真夏の暑い時期には打ち水を行う事で、涼気を得る効果もあります。水は1g蒸発する事で約0.58kcalの熱を奪います。

よって打ち水を行うと気化熱を利用した気温上昇の抑制効果が得られます。特に現代においては、真夏はアスファルト舗装された地面が高熱になって輻射熱を発する場合があります。人は気温だけでなく地面からの輻射熱によっても暑さを感じるため、打ち水によって道路の熱を下げる事は体感温度を下げるのに効果的だと言われています。また現代のように冷房設備が整っていない時代においては、打ち水は夏を快適に過ごす上での重要な生活の知恵の1つだったのでしょう。打ち水によって大切な来客に、暑い時期に少しでも涼気を取って頂こうという心遣いがよくあらわれていると考えられます。

 

 

一年の邪気を祓う特別な水「若水」

若水は平安時代の風習までさかのぼります。元々は元日の最も水が澄んでいる午前4時頃に正月の神様がやって来る恵方に存在する井戸から汲んできて、それを天皇の朝食に使用するのが習わしでした。これがいつしか元日の朝にその年に初めて汲む水に転じて、汲んだ若水を神棚に供えるようになりました。井戸から汲んだ水は神棚に供えた後に年神への供物を作るのに使われる他、家族の食事を作る際にも使われます。若水は一年の邪気を祓うとも言われており、これを使用して使用して点てるお茶は福茶と呼ばれます。

家族全員で福茶を飲んで、年始めの祈願をする地域もあるようです。

神道においては水自体が清めの効果を持っているとされていますが、中でも若水は年始めの特別に神聖な水として扱われます。今でも正月に最初に汲む水を神棚に供える家庭は多いと思いますが、その水は捨てずに正月の祈願として家族で口にするようにしてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…
ページ上部へ戻る