おすすめ時短テク! 乾麺のパスタを水に浸すと生パスタの食感になるのか?

おすすめ時短テク! 乾麺のパスタを水に浸すと生パスタの食感になるのか?

イタリア料理の代表格でありながら日本人にも愛されて止まないパスタ。多くの家庭で常備されている乾麺のパスタが「事前に水に浸しておく」というひと手間を加えるだけで、生パスタのような食感になると話題です。本当にそのような食感になるのか試してみました。

 

材料はいつもと変わらず


この調理法で嬉しいのは、特別な材料や道具を用意しなくて良いという点です。そのため用意したのは、水と1.4ミリのパスタ100g、ソースの具材のみ。強いて言うなら、パスタを浸すための細長い容器を見つけるのが一番難点でした。パスタが短くなってもかまわないという方であれば、ちょうど良い容器がない場合にはパスタの束を潔く2つ折りにしてしまうのも手です。よりズボラにいきたい方は、パスタを茹でるための鍋を使っても良いでしょう。

 

パスタを一定時間浸せば下準備完了!

 


この調理法の唯一で最大のポイントは「乾麺のパスタを一定時間水に浸す」こと。すでにこの方法でパスタライフを楽しんでいる方々の声によると、パスタの太さによって浸す時間が異なるそう。NHK「ためしてガッテン」の「うまっ! 次世代パスタ」という回でこの調理法が紹介されており、1.4ミリは1時間、1.7ミリは1時間半、1.9ミリは2時間ほど水に浸しておくのが目安とされています(引用元:http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20131009/index.html)。長く浸しておく分には問題ないそうなので、昼食や夕食のために前日の夜や当日の朝に仕込んでおくという方もいました。今回は初めての挑戦ということもあり、用意した1.4ミリのパスタを目安通り水に1時間浸してみました。1時間後パスタを見てみると、黄色みがかっていたパスタは白っぽい色に変化。指で持ち上げてみると、水を吸ってクタッとした状態になっていました。パスタの下準備ができたらすぐに茹でたいところですが、茹でる時間は1分と短いため、手作りソースで食べたい場合はパスタを浸している間や下準備ができた後にソース作りに取り掛かりましょう。「いつものように茹でている間にササッとソースを作ろう」とうっかりしていると台無しになるのでご注意ください。ソースの準備ができたら、沸騰した湯で1分間パスタを茹でます。湯に入れると、白っぽかったパスタは再び黄色みがかった状態に戻りました。茹で上がったらソースと絡めて完成です。

 

生パスタ感を堪能するなら太めのパスタがおすすめ


完成したパスタを食べた第一声は、正直に言うと「確かにもっちりしているような」という曖昧なものでした。細めのパスタで挑戦したせいか、想像していた「もっちり」というよりは「ねっちり」とした食感に感じたからです。これはこれでおいしいけれど、モチモチの生パスタ感を味わいたかったので、後日平打ちのパスタで試してみることにしました。結果は大成功。モチモチとして噛むたびに弾けるようなコシのある食感を堪能できました。生パスタのような食感を楽しみたいなら、細めのパスタよりも太めのパスタの方がおすすめです。細めのパスタならば、茹でた後に氷水で冷やすような冷製パスタにしてみると良いかもしれません。また、パスタを浸しておいた水をソースに加えることで、パスタの香味が損なわれないように感じました。

水に一定時間浸すだけで生パスタのような食感になるので、モチモチ食感が好きな方には定番にしてほしい調理法です。パスタのサイズによって食感も若干異なるので、いくつかのサイズを試してお気に入りを見つけましょう。茹で時間もかなり短縮できるため、時間だけでなくガス代も節約できます。水気をしっかり切って冷凍もできるそうなので、多めに作って常備しておくと便利です。事前に水に浸すというひと手間だけで済むので、ぜひ一度試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…
ページ上部へ戻る