軟水のお風呂に期待できる3つの効果とは!?

131313

風呂は一日の汚れと疲れを落とすための大切な時間ですよね。翌日に疲労を残さず元気な毎日を送るためにも、お風呂の時間は充実させたいもの。そこで今回は「軟水風呂」の魅力にスポットをあて、その3つの効果について解説したいと思います。

軟水風呂は疲労回復効果が倍増する?

軟水風呂は、通常のお風呂よりも疲労が回復しやすくなります。その理由は「刺激」です。軟水は肌に対する刺激が硬水よりも弱い傾向にあり、これがリラックス作用を生んで入浴後の寝つきの良さとなり、質の良い睡眠をとることができるのです。睡眠は何よりも体に大切な時間ですよね。この睡眠時間の質をあげることが、毎日を健康で元気に過ごす秘訣といっても過言ではありません。軟水風呂はこの睡眠の質の向上を促進する効果があり、とてもおすすめできます。特に夏場や冬場は、気温の上下によって睡眠の質が落ちてしまいやすい時期です。暑くて寝苦しい、寒くて寝付けないという体験はありませんか?このように気温の高低が睡眠を妨げる季節には、軟水風呂のリラックス作用が効果を発揮しそうです。最近寝つきが悪い、夜中に目が覚めてしまうという人は、体がリラックスした状態で睡眠に突入していない可能性があります。ぜひ軟水風呂を試して、リラックスした状態で布団に入るようにしてみてください。

若さと美しさを保つ!美肌効果も期待できる軟水風呂

水には軟水と硬水があり、軟水は脂肪やタンパク質が溶けやすく、料理の味が良くなったり、飲用に適していたりと体に対するメリットが多いのです。美肌を保つためには、体に十分な栄養が行きわたる必要がありますし、軟水はおすすめできます。さらに軟水風呂は、肌の表面に「膜」を作ってしまわないので、美肌効果が倍増します。肌に対する刺激が柔らかく、はじめて軟水風呂を作ってみると普通の水道水に比べて「包み込むようなふわっとした感触」を感じる人もいるでしょう。硬水はカルシウムやマグネシウムといった各種ミネラルが豊富ですが、そのミネラルがボディソープや石鹸と化合して、肌の表面に膜を作ってしまう傾向にあるのです。この膜は乾燥したあとに「カサカサ」の原因になってしまいます。また、独特の「肌のつっぱり」が出てしまうこともありますよね。軟水にはそれがありませんので、美肌効果に役立つということになるのです。さらに完全に証明されているわけではありませんが、一部の研究ではアトピー性皮膚炎の治療と進行防止に役立つという結果もでています。乾燥が激しい冬場に肌のかさつきが気になる方は、軟水風呂を試してみてはいかがでしょうか?

軟水風呂は美髪にも効果あり!

美しい肌とともに、美しい髪もまた、美容にとっては大切なものですよね。軟水風呂は髪を美しく保つ、美髪効果についても優れています。すでに述べたように、軟水は硬水に比べてマグネシウムやカルシウムのようなミネラルが少なく、これが髪に付着して残ってしまうことを防ぎます。ミネラルが髪に残ってしまうと、乾燥後にゴワゴワとした感触やベタつきの原因になってしまいます。また、日本の水は本来どちらかというと軟水であり、市販されている洗髪材の多くは軟水で泡立つように作れていることをご存知でしたか?水道水よりも硬度が低い軟水を使用すると、よく泡立って髪がしっとりと綺麗にしあがるのはこのためです。軟水で髪を洗うと、柔らかくしなやかになる感触を味わうことができるでしょう。また、髪の根元にある頭皮についても肌と同じように軟水のメリットがありますので、軟水は総合的に美髪に効果があるということをお分かり頂けると思います。髪の美しさは女性の美の象徴でもありますし、健康的な髪の毛を保つために、軟水風呂を活用してみてくださいね。

関連記事:健康に良いのはどっち!?軟水と硬水が身体にもたらす影響とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…

ピックアップ記事

  1. 水をどう確保する?災害のための水対策

    2016-10-31

    水をどう確保する?災害のための水対策

    わたしたちが生活していくのに欠かすことのできない水は、いざというときのために常日頃から準備しておきた…
  2. 地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    2016-10-30

    地震大国日本!防災のために水の備蓄は万全?

    地震大国日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありませんね。大きな地震が起きると、水道・ガス・電…
  3. 災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    2016-10-29

    災害時には雨水やお風呂の水が大活躍!いざとなれば飲めますか?

    多くの自然災害が多発している日本。特にここ最近では地震や水害といった甚大な被害が多く、いつ自分の身に…
ページ上部へ戻る